2010年 11月 24日 ( 1 )

2010.11.24

ノスタルジックな雰囲気が漂う素敵な西洋画…

d0193211_18131293.jpg


…ではなくて、お皿の中に繰り広げられる素敵な世界。

d0193211_18142056.jpg
6,825yen

現在、奈良に工房を構えてらっしゃる陶芸家、比留間郁美さんの作品です。

d0193211_18152539.jpg
左から… 7,350yen 1,785yen 6,825yen

西洋アンティークのような佇まいがする、
美しくもどこかシュールさが漂う世界観が魅力的な作品たち。

お店の中を色々観察してもらえれば分かりますが、
なんだか変てこりんな…シュールさが漂うものが色々と点在しているミグラトリー。
そう、シュールなものが大好きな私達は比留間さんが創られる世界観にも
見事にハマってしまいました。

「食卓に懐かしくも新しい世界を広げれるような作品をづくりを…」という思いで
作品を制作をされている比留間さん。
食器としてはもちろんですが、小物やアクセサリーをちょこんと置いたり、
お部屋のインテリアの中に取り入れたい器たちです。
海外のインテリアなどでよく見かけますが、
留め具を付けて壁に直接飾るのもきっと素敵ですね。
じっくり眺めていたくなります。。。

d0193211_1816351.jpg
7,350yen

あと、このリャマのオブジェもかなりかわいい!


さて、場所は変わりまして…
比留間さん、本日24日から西荻窪にあるshop&gallery FALLにて
展示会を開催されています。

d0193211_1817109.jpg


Fantaisie Minerals -鉱物の空想-

期間:2010,11,24-12.5 (月・火はお休み)
at:shop&gallery FALL

鉱物の空想をテーマに
陶芸家比留間郁美と、アーティスト武田晋一による展示会。
宝石が散りばめられたような陶器の器や
鉱物をテーマにしたドローイングが展示されます。


ご興味のある方は是非、足をお運びください。

『ファンタジーミネラル』(鉱物の空想)…ってことで、個人的にかなり気になります。
偶然なのか必然なのか、最近『鉱物』が気になっていたMIGRATORY。
“ 理系アンティーク好き ”はやっぱり『鉱物』にも行きついてしまいます。。。
植物の博物画はいくつか持っているのですが、次欲しいのは俄然、鉱物の博物画。

d0193211_18235750.jpg


↑こんな感じのが理想。
何処かにいいのないかな…。
by shop-migratory | 2010-11-24 19:02 | 比留間郁美