MAISON ANJEのふわふわ切り替えニット

2018.11.23


2016年誕生のパリ発のニットブランド「MAISON ANJE(メゾンオンジェ)」の切り替えニットは、
個人的にもこの冬、着用するのをとても楽しみにしていた一着。

上下で編み方に変化をつけた切り替えがとても良い雰囲気で
綿菓子のように軽くてふわふわの肌触りは心地良く、
とても暖かい着心地ですのでこれからの寒い冬にぴったりです。


d0193211_1812389.jpg


デザイナーのジュリア・オンジェはブルガリア出身で、
実家は30年以上続くニットファクトリーを経営。

デザインワークはパリのアトリエで行い、
生産は全て家業のブルガリア工場が一括で担うことにより中間マージンを排除し、
上質なイタリア糸を使用したクオリティの高いニットながらも、
手の届きやすい価格を実現しています。

欧州のニットブランドということで、
展示会のご案内を頂いた時はもう少しお高めの価格をイメージしていたのですが、
想定していたよりもずっとお手頃、そしてこちらのニットはかなり可愛いくて思わず一目惚れ。



d0193211_18144773.jpg
LECORTINA 切り替えニットプルオーバー:¥19,000+tax


形はシンプルなクルーネックニットですが、
ざっくりとローゲージで編まれた編地から目の詰まったフワワフの編地に切替わり、
「ざっくり×ふわふわ」のコントラストがとても良い雰囲気です。

アルパカ混の柔らかなニットは本当に軽い着心地で、チクチク感のない優しい肌触りが◎。
また、見た目の印象よりもかなり暖かく、保温性の高い一着となっていますので、
これからの迎える冬本番ニットとして重宝することでしょう。




d0193211_1819454.jpg
LESAPIN 切り替えニットカーディガン:¥22,000+tax


同デザインのボタンレスタイプのカーディガンも。

やや長めの着丈でゆったりとしているので、幅広い体型の方にOK。
男性でも十分に羽織って頂けるサイズ感ですので、
ご夫婦など、男女兼用で活躍して頂ける一着だと思います。



d0193211_1820879.jpg

d0193211_18202323.jpg



カラーはそれぞれ、バニラ、オリーブ、ネイビーの3色展開です。

カラーによっては完売間近なものもございますので、
是非、この機会にご覧下さいませ。



web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/108



   


   
by shop-migratory | 2018-11-23 18:10