プリントデザインからはじまるモノづくり / JUBILEE

2012.4.7

只今、開催中のJUBILEEの「Diagram+Color」

プリントデザインからはじまるモノづくり / JUBILEE_d0193211_19511386.jpg


さて、本日はJUBILEEのモノづくりについて少しお話を…。

「プリントデザインからはじまるモノづくり」をコンセプトに
様々なアイテムを展開しているJUBILEE。

ご存知の方も多数いらっしゃるかと思いますが、
この展開する数々のアイテムたちは、生地の図案、及びアイテムへのデザイン
手捺染によるプリント・仕上げの縫製に至るまで、
全てデザイナーであるシミズダニさん一人により行われ、完成します。

…と、文章にするとサラッとしてるけど、これって実際にはかなり大変な作業量…。。。

プリントデザインからはじまるモノづくり / JUBILEE_d0193211_1710251.jpg
手捺染によるプリント作業は、捺染工場の一角を借りて行われます。

さらに今回、新しくお披露目されたシルク素材を使ったアイテムは、
いつものプリント工程のさらに倍の工程を踏んで制作されているのだそう。

プリントデザインからはじまるモノづくり / JUBILEE_d0193211_2044313.jpg


シルク素材に適した「酸性染料」という染料を使った、シルクスクリーンプリントになり、
「色糊作り」→「捺染(プリント)」→「乾燥」→「蒸し」→「水元(水洗い)」→「乾燥(干し)」→
「巾出し(しわになった生地をキレイに仕上げる)」→「完成」となるそうです。

ひとつひとつ工程を伺ってみると、それはそれは中々気の遠くなるような作業です。

中でも、水洗いは色落ちを防ぐために2、3回繰り返して余分な染料を出し切る必要があり、
なかなか根気がいる作業です。

いつもの綿や麻に施す場合は、
「色糊作り」→「捺染(プリント)」→「乾燥」→「ベーキング(熱処理)」→「完成」となるようですが、
単純に工程だけを見ても、倍になっていることが分かります。

けれど仕上がったシルクのスカーフやストールを見ると、発色の良さは格別で、
これまでの綿素材を主にしたアイテムとは
また違った雰囲気をお楽しみいただけますよ。

プリントデザインからはじまるモノづくり / JUBILEE_d0193211_19561586.jpg



普段、お店や展示では既に完成したアイテムだけを見る機会が殆どなのですが、
背景にある過程を知り、想像を巡らせながら改めて見ると
何だか奥ゆかしい、そんな気持ちになってきます。

そして改めてシミズダニさんのモノづくりに対するこだわりが見えてきます。


展示は15日までの開催となっております。

春のお散歩がてら是非お立ち寄り下さいませ。

シミズダニさんの在廊日は、
明日の8(日)・11(水)・13(金)・14(土)・15(日)となっております。

在廊時間や他の日程の在廊日については、
随時、twitter及び、facebookでお知らせされるようですので
そちらをチェックしていただけたらと思います。


プリントデザインからはじまるモノづくり / JUBILEE_d0193211_19495383.jpg


ちょうど只今、目黒川の桜も満開で見頃ですよ~。
夜は川沿いに延々と続く提灯がライトアップされるので、夜桜見物もお勧めです♪


========================================


さて、話は少し変わりまして、
シミズダニさんはJUBILEEとしての作品作りの他にも
ワークショップなどを開催されたりもしています。

ちょうど展示終了の翌週、4/21-22に開催される「なのはな空市」の中で、
モデルのasacoさんが企画する「JUBILEEとガーランドをつくろうfor kids」という
子供向けのワークショップを開く予定となっています。


プリントデザインからはじまるモノづくり / JUBILEE_d0193211_19521063.jpg


詳しくはasacoさんが主宰するchild at heart! のHPをご覧くださいませ→ 


プリントデザインからはじまるモノづくり / JUBILEE_d0193211_19375941.jpg


ワークショップの他にも、美味しいフードや、お買い物…と、古民家のスペースで
家族が一日楽しめる笑顔になれるイベントとなっている「なのはな空市」。

是非、ご家族でいかがでしょうか。
by shop-migratory | 2012-04-07 19:43 | gallery