2011.1.14

かなり勢いよく目に飛び込んでくる
色、色、色!
柄、柄、柄!!

お陰様で好評をいただき、残り少なくなっていたHappy Socks
いくつか入荷してきました!

d0193211_18203419.jpg
¥1,365~

すぐに完売してしまいお問い合わせの多かった人気の柄も
再び入ってきていますので、気になっていた方はこの機会に是非~。


d0193211_18225390.jpg

Happy Socks

「ソックスをワードローブの主役へと進化させる」というコンセプトのもと、
2008年にスウェーデンで生まれたHappy Socks。
創始者のミカエル・ソーデリンとヴィクトール・テルは心躍るようなカラフルで
ポップなコレクションを世界に送り出し、靴下というアイテムの概念をぬりかえます。

また、上質なコットンを用いて、精度の高さで名高いイタリアのLonati社製の織り機を採用し、
コンピューターで精密にコントロールされた織り柄には一寸の狂いもなく、
つま先のシームを手縫いで処理することにより、完璧なフィット感につながります。
生産はトルコで30年以上に渡りソックスの生産に携わる工場が担っており、
頑丈さと持ちのよさに定評が。

今後のコレクション展開も益々期待されているソックス専門ブランド。

デザイン性の良さと、お手頃価格でちょっとしたギフトにも最適です。


d0193211_18234423.jpg

d0193211_1824529.jpg


北欧ブランドならではの大胆な柄と色使いで、まさにブランドの名前の通り
履いているだけでハッピーな気分に!

デザインの種類も豊富で、選ぶ楽しさもあるHappy Socks。
そして、靴下を主役にその日のコーディネートを考えてみるのも楽しいですね。

d0193211_1825477.jpg
¥1,365

個人的に好きなのは、、、赤系統のものかなー。
# by shop-migratory | 2011-01-14 18:29 | happy socks
育てる楽しみ…

子供? 植物? たまごっち??(←あ、古過ぎましたかね?笑)

…ではなくて、『革』のお話です。

革好きな方なら共感していただけると思うのですが、
革製品の醍醐味と言えば、ズバリ「育てる」ことにあるんじゃないでしょうか!?

最近は、初めから良い感じに使い古されたかのような…
いわゆるヴィンテージ加工を施されたものも多く出回っていますが、
私は、革の硬さも色合いも、いかにも「コレ、新品でっせ~。」というのを
自分でがんがん使って、時にはじっくり手入れをしたり…。
そうして一緒に時を重ねていくうちに、革も柔らかくなってきて
色に深みやツヤが出てきたりする過程が堪らなく好きなんです。
自分仕様に馴染んだ革製品には、かなりの愛着が!!

…と、かーーなり長い前振りになってしまいましたが…

そんなこんなで本日は、育てがいのある革製品を色々と展開している
Teha’amana(テハマナ)のバッグをご紹介。
オープン当初からTeha’amanaの商品は色々とかなり好評を頂いていましたが、
やっとこさ、こちらのブログでのご紹介です。
(とはいえ、すでに現在、在庫が無いものもあるのですが…。)

◆Teha’amana
大阪の河内長野に工房を構えるTeha’amana。
ブランドの名前は19世紀のフランスの画家ポール・ゴーギャンが
タヒチで出会った少女の名前に由来しています。
テハマナの革製品は、使い込むほどに風合いが変化するタンニンなめしを施した
ヌメ革になります。
使用していくうちに光沢や深みが増し、使い手自身がその自然な革の過程を
楽しんでいただける商品を多数展開しています。


レザーメッシュトート

d0193211_21295191.jpg
L : 31,500yen S : 24,150yen

d0193211_2234218.jpg


オイルレザーをたっぷり使ったしっかりとしたメッシュトート。
使い込むほどに革の色に深みとツヤが。
末長く愛用いただける、まさに「育てがい」のある子達です。
(スミマセン、、、素敵なモノに関してはついつい『子』と呼んでしまいますね~・・・笑)

内袋はカーキ色のキャンバスと、アイボリー色のリネンのリバーシブル対応。
季節や気分に応じて使い分けられるのが嬉しいです。
もちろん、内袋を取り外して籠バッグのように使うことも可能ですよー。



そして、一目見た時、「こ、これは絶対に欲しい!」と思ってしまったのは…
こちらの2wayリュック。

d0193211_1813568.jpg
MAUNA 2wayリュックサック¥22.050

アンティークのナップサックを彷彿させる白いヒモ使いが、かなり素敵です!
ありそうでいて、いざ探してみると中々無いですよね、このデザイン。
文句無しで可愛いですもん。

そして、片ヒモを収納すると、ショルダーとしても使用できる2wayタイプとなっています。

頑丈な高密度帆布とファスナー部分の差し色の配色バランスがもうね、絶妙です。
こちらも、持ち手など要所要所にヌメ革を使用しているので、使い込むほどに風合いに変化が。
ガンガン使って、全体的に少しクタっとなった感じで持ちたいですねー。

d0193211_2214312.jpg
色は、キャメルとグレージュの2色です。



d0193211_21323421.jpg
HELE トラベルショルダー(LL) ¥30,450

d0193211_21333522.jpg


「いつも荷物が多い美術家の友達に持って欲しくて・・・」
そんな想いで作られたトラベルショルダー。
ハードに使っても大丈夫なことと、ナチュラルな感じを出す為に、
ザックリとした肉厚の綿麻キャンバス生地とオイルレザーを使用した、
しっかりとした作りになっています。

「トラベルショルダー」なだけに、容量もたっぷり、機能面もたっぷり。
ちょっとした旅には持って来い!
一緒に旅の思い出をいろいろと積み重ねていきたい鞄です。

と、かなり長くなってしまったので、
まだご紹介したい『小物編』はまた次の機会に~。

d0193211_21353310.jpg

Teha'amanaは小物も素敵なんです♪
# by shop-migratory | 2011-01-13 21:46 | Teha`amana
2011.1.8

少し、お久しぶりな更新。。。

年末年始の休暇を経て、5日より営業再開しております。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

ついつい、お正月の余韻でボーーっ…としてしまいがちですが、
そろそろ気を引き締めて、日常のリズムに戻さなければ!

そして、こちらのブログもじゃんじゃか更新していきたいところです。

…が、何分、実は文章を書くのが得意ではないので、うっかりすると何日も空いてしまったり…。
書きたい事、紹介したい事は、まだまだ沢山控えているのですが、
想いが強いものほど気負ってしまったりして、中々文章にし辛かったりします。

とは言え、気負って書けない…じゃ、本末転倒もいいところなので、
今年はもう少し気楽な感じでやっていこうかと思っています。
くだけた表現も増えるかも知れませんが、悪しからず…
大目に見てもらえると、幸いです。

d0193211_2224887.jpg


さて、休暇の間、いつもブログを読んでくれている友人・知人達から要望があり、
これからは商品の紹介と共に、『価格』の方も表記することにしました。

ずばり、『 THE!お値段 』…気になりますよね~。。。

お店へ来ていただければ、もちろんそれぞれ値札が付いていますが
気軽にお店へ足を運べる方ばかりじゃないですもんね。

これまでブログの中で価格を書いてしまうのは、なんとなく抵抗があったのですが、
友人曰く、気になるモノがあっても価格が分からないと
購入したいかどうか現実的に考えられない…とのこと。

確かに、そりゃそうだ。。。


※これまでご紹介した記事のものも、少しずつ価格を入れたものに訂正していきますので、
 気になっていた方はまたご覧になってくださいね。
# by shop-migratory | 2011-01-08 22:26
2011.1.1

新年、明けましておめでとうございます。
2011年のスタートです!

d0193211_23235871.jpg


そして、お店がオープンし、ちょうど2ヶ月が過ぎました。

とは言え、お店としてはまだまだ歩き出したばかり…。
…ですので、この新たに始まった2011年は
MIGRATORYにとってかなり大切な1年になっていくことでしょう。

大きく成長、飛躍できるよう、精進して参りますので
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

…て、新年早々なんか堅いですかね??

実際のところは…

d0193211_23242081.jpg

普段落ち着きある、自称ダンディー(!?)店主も

d0193211_2324409.jpg

お正月だと、この浮かれっぷり。

d0193211_2325362.jpg

そして、この有り様。。。

…とまぁ、ここまで酔い潰れてしまうのはいただけませんが、
皆様も楽しいお正月をお過ごしくださいませ!

d0193211_23262268.jpg



本年は1/5(水)から営業をスタートさせていただきます。

改めまして…
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

MIGRATORY
# by shop-migratory | 2011-01-01 23:26

uma

2010.12.24

本当ならもっと早くにご紹介したかったのだけど
あまりにも繊細なつくりの為、写真がなかなか上手く撮れず延ばし延ばしに…。
…って、言い訳ですかね。。。

ということで、女の人なら誰でもテンションが上がってしまう
繊細で素敵なジュエリーのご紹介を。

uma(ウマ)のジュエリー。

d0193211_1841429.jpg
ring:33,800yen

写真では伝え辛いのですが(かなりアップで撮ってます…)、本当に華奢で繊細なつくり…。
こういう繊細なジュエリーって、デザインが割と似たり寄ったりのものが多いのですが、
umaのジュエリーは、細かくカッティングされたゴールドのモチーフや、
ダイヤモンド、パールといった天然石のあしらい方が絶妙なバランス!

シンプルでありながら印象に残るデザインは、小さく繊細だけれども存在感は抜群です。

d0193211_18425451.jpg
necklace:31,900yen

K14の落ち着いたマットゴールドがベースなので、どんな装いにも合わせ易いです。
(私個人的に、K18よりも、柔らかな印象のするK14やK10の色味の方が
好みだったりします。)

また、本物の“ダイヤ”があしらわれているのも、ポイント高いですね~!
ずばり、やっぱり女の人は “ ダイヤモンド ” にはめっぽう弱いのです。。。

d0193211_1844571.jpg

愛嬌たっぷりのスカルモチーフ。…でも、横にはれっきとしたダイヤモンドが。
『大人の遊び心』ですね~。
necklace:26,800yen


自分で自分に『ご褒美』的に購入するのもモチロン良いのですが、
嗚呼…umaのジュエリーはプレゼントに贈られたいっ…。とか言ってみたりして。

ちょうど、今日はイヴ、明日はクリスマス…ということで、
プレゼント用にいくつか既にお嫁に行ってしまったのですが(羨ましく、お見送りしました・笑)、
個人的にかなり好きなので、このタイミングでのご紹介とさせていただきました。

d0193211_18483222.jpg
ring:18,500yen

では、みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね~。
# by shop-migratory | 2010-12-24 18:59
2010.12.21

早いもので、今年ももう終わりですねー。

さて、、、年末年始の営業のお知らせを。

d0193211_22123192.jpg


年末は、12/27(月)までの営業となっております。

年始は、1/5(水)からの営業となります。

どうぞ宜しくお願いいたします。
# by shop-migratory | 2010-12-21 22:14
2010.12.17

もうすぐ、クリスマス…。
日本ではキャンドルが一番活躍する時期じゃないでしょうか。
…ということで、MIGRATORYにもかなり素敵なキャンドルが入荷してきました!

d0193211_2374178.jpg


アンティークの置物? チェスの駒?
いえいえ、そうじゃなくて、全てこれ、キャンドルですよ~。

CANDLE STUDIO MAGIERA(マギエラ)さんのキャンドル。

作り手である西田さんがニュージーランドにある
ハンドメイドキャンドルショップにて修業をし、
帰国後、立ち上げられたマギエラ。
本来の役目である火を灯す照明具としてのキャンドルだけでなく、
火を灯さずともインテリアの一部や装飾品としても
十分に楽しめるキャンドルを多数展開しています。

…ということで、本当に火を灯すのが勿体無いくらいの素敵ないでたち。
…でも、せっかくキャンドルなんだから、、、灯してもみたい…。
嗚呼…ジレンマ。。。
頭を悩ませる子達ですねー…。

d0193211_2381857.jpg
左:2,520yen 中:4,200yen 右:2,625yen

この美しいオブジェのようなカタチは、ヨーロッパのアンティーク雑貨等から型をとり、
ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで作られています。
細部にまでこだわったディティール!
そりゃあ、アンティークの小物好きとしては、
当然、マギエラさんのキャンドルの世界にもハマってしまいます。。。

d0193211_2385217.jpg
swan:1,995yen
この『スワン』可愛すぎ!

d0193211_2392448.jpg
angel:1,680yen
おでこから芯が出ているのに、なんだかニンマリとしてしまう…。


d0193211_23103241.jpg


また、マギエラのキャンドルは香りもお楽しみいただけます。

マーブル(白い方)はイチジクの香り。
ブラックは、麝香を思わせるスモーキーで深みのある香り。
…となっています。

店頭に来られた方は、是非、香りもお試しください。


専用のギフトボックスのご用意もありますので、
クリスマスのちょっとした贈り物としても、とてもお勧めです。
# by shop-migratory | 2010-12-17 23:12 | MAGIERA
2010.12.15

初めて一目見た時、これはもうアクセサリーとかそういう域を超えて
ビビビッと身体に電気が走るぐらいの衝撃が。
「出会ってしまった!!」といった感じで、まさに一目惚れです。

d0193211_18132760.jpg


…ということで、shingo matsushitaのアクセサリーのご紹介を。

作り手である松下さんは美容師・スタイリストとして活動中、
独創的なスタイリングを求めて2003年より制作をスタート。

かぎ針を用いた『ニッティング』という技法で制作されたアクセサリーは、
シルク・金糸・淡水パール・ナチュラルストーン等、様々な素材を組み合わせ、
立体的で動きのあるデザインに仕上がっています。
カジュアルな装いにも、ドレッシーな装いにも、
様々なシーンで活躍してくれるアクセサリーは、ひとつ持っているだけでかなり重宝しますよ!

最近では、椎名林檎さんが出演するCMやPVにアクセサリー提供を行っていたりなど、
今注目すべき、アクセサリーデザイナーの一人です。
(少し前には、ファッション誌『GINZA』でも特集されていましたね。)

d0193211_18135859.jpg
pierce:24,150yen

まさに身に付けるアートオブジェといった存在です。
そして作りがかなり細かい!
金属のフレームにシルク糸が本当に細かく丁寧に編み込まれていて、
とても繊細な作りになっています。
また、淡水パールのあしらい方が、まるで小さな卵が幾つも産みつけられたかのようで…
この独特なバランスが堪りません。。。

ひとつひとつ松下さんの手作業により生み出されるわけですが、
制作にはかなりの集中力と精神力が必要不可欠だろうなぁ…と。
想像するだけで気が遠くなりますね…。
(自分もモノづくりを行う身なので、どうしても作品そのものと同じくらい
作業工程にも関心がいってしまいます。)

d0193211_18152433.jpg
necklace:29,925yen  single pierce:18,900yen

d0193211_18191579.jpg
single pierce:19,425yen

眺めているだけでも目の保養になり、充分楽しめますが、
もちろん身に付けると尚の事!素敵な存在感を発揮。
いや、大袈裟ではなく「素敵過ぎる」って言った方がいいのかも!

ピアスに関しては、キャッチ側にモチーフが大きくあしらわれているので、
一般的なピアスの形態とはかなり異なるのですが、
装着した時、モチーフが立体的に交差され、ユニークでとても魅力あふれるフォルムになります。


d0193211_18221341.jpg


もうすぐ、、、クリスマス。
こんな素敵なアクセサリーをプレゼントに貰ってしまったら、
贈り主の株はかなり上がってしまいますねぇ。

と、ちなみに、私は…自分で自分にプレゼントしたのですが…。

自分へのご褒美ジュエリーとしてもお勧めですね(笑)
# by shop-migratory | 2010-12-15 18:32 | shingo matsushita
2010.12.14

本日、火曜日はお店の定休日。
ちょうどタイミング良く、六本木でtupera tupera(ツペラツペラ)さんの展示が
今日から始まったので二人揃って行ってきました!

d0193211_20225066.jpg


『tupera tuperaの森』
場所:GALLERY TOKYO BAMBOO
日程:2010.12.14-12.26 (月曜休廊)
時間:12:00~19:00 ※25日・26日は18:00まで


絵本やイラストレーションを始め、様々な分野で活動しているユニットのtupera tuperaさん。
子供から大人まで楽しめる、カラフルで可愛くって、
それでいて『へんてこシュール』(←勝手に命名…)な世界観が、
まさに私達の好みにもうね、どストライクなのです。

d0193211_20241252.jpg

d0193211_20243297.jpg


今回の展示『tupera tuperaの森』は過去8年間の活動の中から、
これまでに出版した絵本の原画やCDジャケット、広告のイラスト、立体作品…等々と
厳選した作品を一堂に見ることができ、tupera tupera好きにはなんとも堪りません。

d0193211_20561556.jpg


会場のギャラリー東京バンブーさんは天高がとっても高くて、
スコーンと突き抜ける感じがとても気持ちの良い空間でした。
空間の左側にはその高さを活かした、ツペラツペラさんのおっきな木がドドーーンと!
(なんだか、やたらと擬音語が多くてスミマセン。。。)

d0193211_202738100.jpg

d0193211_20293555.jpg

近寄ると沢山のへんてこ可愛いオーナメントがいっぱい。。。
気に入ったものがあれば、お手頃価格で連れて帰る事ができるのも嬉しいです。


d0193211_20422121.jpg


さて、現在、ミグラトリーでは、tupera tuperaさんのシルクスクリーン作品と絵本を
お取り扱いさせていただいているのですが、
とても嬉しい事に、来年の3月あたりにミグラトリーの空間でも
展示をしていただけることになりました!

詳細はまた、年が明けて以降のお知らせになりますが、
オリジナルの新作を色々と展示していただく予定となっています。

どんな、へんてこシュールな世界がくり広げられるのか、、、
今からとっても楽しみでたまりませんね~。
# by shop-migratory | 2010-12-14 20:34
2010.12.11

本日発売のファッション雑誌 『FUDGE』1月号に
MIGRATORYの情報を掲載していただきました。

d0193211_21471119.jpg


105ページの “ NEW SPOT! 世界観が素敵なショップ ”のところに
小さくですがご紹介していただきました。

FUDGEさん有り難うございました。



余談ですが…取材の撮影に来られたカメラマンさんが
なんと地元の友人の友人でした!
本当にたまたま偶然でお互いビックリ。

まだ神戸で過ごしていた10代の頃、友人を通して何度か遊んだりしていましたが、
現在、東京にいることも知らなかったし、実際に会うのは何年ぶり!?といった感じで。。。
こんなカタチで再会するとは思わなかったなぁ。
しみじみ。

フォトグラファーの仲田梨枝さん。
http://www.rienakata.com/
HPを拝見しましたが、とっても素敵でした!

今月号の『装苑』でも、ニュージェネレーション クリエイター特集の
フォトグラファーのページでも紹介されていましたよ。

同郷の友が活躍しているのはなんだか嬉しいものです。
# by shop-migratory | 2010-12-11 21:49 | press