2017.2.24

只今、配布中の[東急沿線がもっと楽しくなる]をコンセプトにした
東急沿線情報誌 「SALUS 3月号」に商品をご紹介していただきました。


d0193211_2231547.jpg


P.06~の「春の贈り物」のトピックで
Teha'amanaのキーケースとペンとカードケースをご紹介して頂いております。

お手に取る機会がございましたら、是非ご覧下さいませ。






  
# by shop-migratory | 2017-02-24 22:29 | press
2017.2.23

沖縄県は奥原硝子製造所より、日常使いに最適な再生ガラスを利用して作られた
琉球ガラスのコップたちが届きました。


d0193211_14512691.jpg


少し厚みのあるぽってりとしたフォルムと、
ゆらゆらと均一ではないガラスの表面…

ガラスでありながらもどこか温かみを感じさせてくれる
独特の素朴な雰囲気が魅力です。


昭和27年創業の奥原硝子製造所は、
「現代の名工」にも選出された故桃原正男氏のもと、
沖縄で一番古い琉球ガラス工房として
戦後の琉球ガラスの繁栄を担ってきました。

近年、沖縄の観光地化が飛躍的に進むとともに、ガラス工房も増え、
中には大量生産品としての琉球ガラスも多く流通していますが、
奥原硝子製造所では、伝統とされる「廃瓶を利用した手吹きガラス」に拘り、
今もひとつひとつ丁寧に琉球ガラスらしさを追求したものづくりを行っています。

※備考
元々琉球ガラスは、戦後の資源難の中、駐留米軍が破棄した廃瓶を溶かして
再生されたガラスから作られるようになり、再生の過程で混入する気泡と相まって、
独特の味わいをもつガラス製品として広まり発展してきました。
しかしながら現在では、沖縄の観光地化が進むとともに
ガラス工房やメーカーの数もぐんと増え、中には、廃瓶等からの再生ガラスは利用せずに
新規にガラスの溶解からの制作もしている工房もあったりと、
ひと言で「琉球ガラス」と言っても、そのスタイルは多様になっています。




d0193211_1514496.jpg


奥原硝子のまさに「コップ」らしいフォルムのガラスコップは、
「3半コップ」と「4半コップ」の2サイズ展開です。

3半サイズは、手に持ち易くちょうどコップとして良いサイズ感、
4半サイズは、コップとしてはやや大きめで、ビアグラスとしてや
氷を入れて冷たいソーダやジュースをたっぷりと飲むのに良さそうです。



d0193211_1531832.jpg


こちらのコップは数ある琉球ガラスの中でも、かなりシンプルなデザインですが、
安定感のあるポッテリとしたフォルムと、少し歪なゆらゆらとしたガラスの表面が
琉球ガラスらしい雰囲気です。


d0193211_1534888.jpg


再生ガラスを利用しているので、ところどころ気泡が混じっていたり、
手吹きガラスによる圴一ではない歪さが残る感じが、また良い味を出しています。


d0193211_1555949.jpg

4半サイズは、そのボリューム感と安定感から
木のお箸やスプーンなどを入れる、カトラリー入れとして使用してみても◎


d0193211_1575388.jpg


素朴な雰囲気がどこか懐かしく、
ガラスでありながらもホッとするような温もりを感じさせてくれる
奥原硝子製造所のコップたち、是非、お手にとってご覧下さいませ。





   
# by shop-migratory | 2017-02-23 15:10
2017.2.19


FACTORYより、かなり雰囲気良し!の
良質なペルー綿をたっぷりと使用したタックスリーブワイドシャツのご紹介です。

個人的にFACTORYのシャツが持つ
かっちり感とリラックス感が上手く共存するバランスがとても好きなのですが、
今回のタックスリーブワイドシャツも、まさにそのバランスと新たな切り口で
色々とコーディネートを組むのが楽しみな一着になっています。




d0193211_18542069.jpg
ペルー綿 タックスリーブワイドシャツ:¥19,000+tax


ゆったりとしたワイドな身幅と袖口がキュッと絞られた作りは、
シャツでありながらも、どこかブルゾンのような雰囲気もする一着。



d0193211_18562556.jpg

ギャザーをたっぷりととった、ふんわりとボリューミーな袖は
袖口にワイドゴムを通した作りになっていますので、手も通しやすく、
また、ふんわりと空気をはらんだような袖のシルエットを形つくります。


d0193211_1857561.jpg

袖口がキュッと絞られたゴム仕様になっていることで、
このふんわりとした可愛いシルエットが生まれます。


d0193211_18583034.jpg

ゴムが入っていることで
袖を肘辺りまでたくし上げてもずるずると落ちにくく、
ふんわりと良いボリューム感もキープしてくれるのですよ。


d0193211_1859519.jpg

FACTORYの定番、サルエルパンツとも相性良し◎。


d0193211_1912934.jpg

サイドからも良い雰囲気。


d0193211_192539.jpg

d0193211_1922564.jpg
ワイドな身幅に、ドルマンスリーブのようにアームホールもゆったりと。


d0193211_1935274.jpg

d0193211_194943.jpg



ふんわりシルエットがとても可愛く、
FACTORYのならではの計算された立体パターンにより
ゆったりとリラックス感のある着心地ながらもルーズな印象はなく、
どこかモード感を感じさせてくれる一着に仕上がっています。

裾のサイドにはスリットが入るので動き易く、
後ろ身頃が少し長めの丈になっているので
気になるヒップ回りもふんわりとカバーしてくれますよ。


d0193211_1944899.jpg

d0193211_1951328.jpg

d0193211_195261.jpg


アームホールが広く、全体的にゆったりとしているので
軽めのアウター感覚で羽織ってみても◎

袖口がゴム仕様になっているので
視覚的にもシャツとブルゾンの間のような印象の一着です。


カラーは、ブラック、グリーングレー、ブルーの3色展開です。

どのカラーも、ペルー綿のさらりと柔らかな素材の良さと、
自社で染めたFACTORYならではのオリジナルカラーの綺麗さが際立ちますよ。

是非、ご覧下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/54






   
# by shop-migratory | 2017-02-19 19:09 | FACTORY
2017.2.18


d0193211_1484524.jpg



ラタンの一種であるアラログを、ひとつひとつ丁寧に編み込んで作られた
バスケットが色々と入荷致しました。

こんがりと焼けたような素朴でナチュラルな雰囲気がとても素敵です。

インテリアのちょっとした収納カゴとして、大変お勧めですよ。

画像以外のタイプも色々とございますので、
是非、ご覧下さいませ。






  
2017.2.16


d0193211_18495947.jpg



インドの古いヴィンテージカンタを利用して作られた
バッグが久々に再入荷致しました。

チクチクチク…と刺し子が全体に入っていて、
なんとも言えない味わい深い雰囲気が魅力です。



d0193211_1854764.jpg


「KANTHA(カンタ)」とは、
インド・ベンガル地方(バングラデシュ、パキスタンなどでも)に
伝わる伝統的な刺繍テクニックで、日本でいう刺し子のようなランニングステッチが特徴的。

女性たちが古くなったサリー等を何枚もパッチワークのように繫ぎ合わせ、
ステッチを施し強度をもたせ再利用する習慣があります。
(こういった部分は、日本の刺し子文化とも通じるところがありますね。)

元々カンタのキルトは、ベッドカバーにもなるくらいのサイズのものが殆どで、
ステッチを一針一針刺してゆく、とても気の遠くなるような作業を経て作られています。


また、カンタは嫁入り道具として、母親から娘へ受け継がれてゆくものとされており、
わが子へ想いを託すようにその一枚一枚には家族の物語があります。

カンタは別名、「ラリーキルト」とも呼ばれ、
「ラリー」には「繫ぐ」や「結び合わせる」という意味があるのですが、
代々、布を受け繫いでいく…という意味でも、家族の深い繋がりが根底にあり、
中東アジアで永い間受け継がれてきた伝統手工芸品でもあるのですよ。



そんな貴重な100年近く前のラリーキルトを使用して作られたバッグです。

大きなキルトからダメージが酷い部分を取り除き、
コンディションの良い部分を使用して作られています。



d0193211_1859216.jpg
vintage kantha ralli quilt bag:¥14,000+tax




ラリーキルトを利用して作られたバッグは
それこそ探してみると他にも様々なタイプがあるのですが、
ラリーキルト自体がとても力強く唯一無二の存在感があるので
バッグ自体には過度な装飾性がないこれくらいのシンプルな作りが
コーディネートに取り入れ易くベストバランスだと思います。



d0193211_1974018.jpg

チクチクチク…と、全体に走る刺し子のステッチが
味わい深い雰囲気を醸し出しています。

キルトの制作時、穴などのダメージが有る部分には
こうして継ぎはぎのように当て布をして作られたのだと思いますが、
こういった継ぎはぎの部分も絶妙なバランスのアクセントになっているのが
ラリーキルトの魅力の一つだと思います。



d0193211_194082.jpg

生地を繫ぎ合わせているカラフルな刺繍のパイピングが
程良いアクセントになっていてとても可愛いです。



d0193211_1943815.jpg

前と後ろで柄の雰囲気が異なりますので、
その時の気分でどちらを前にしても持てるのも良いですね。



d0193211_198432.jpg

d0193211_19944.jpg

d0193211_1991526.jpg


これから迎える春の装いには、
カンタのオリエンタルなエッセンスが良く合うのでお勧めですよ。

底が正方形になったコロンとしたフォルムは、
見ため以上に荷物もたっぷりと入ります。


いずれも一点物のバッグとなりますので
是非、気になる物がございます場合はこの機会にご覧下さいませ。

お気に入りを見つけて頂けますと幸いです。



web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/17





   
 
2017.2.15


圧倒的な存在感と可愛さ!

沖縄の一翠窯より、角皿たちが再入荷致しました。


d0193211_13293358.jpg



モダンな雰囲気がありながらも、
一点一点手作りならではの素朴さと温かみを感じさせてくれます。

沖縄の土や技法・伝統的な色を使いながらも、
一般的な沖縄のやちむんとは一線を画す、独特の作風が魅力です。



d0193211_13273812.jpg


食卓の上を明るく彩り、使うのが楽しくなりますよ。

(また、後日ご紹介致しますが、ヴィンテージカンタの
 ランチョンマットも再入荷しております。こちらも素敵な一点物!)


前回の入荷時も柄によってはすぐに完売してしまった人気商品となりますので、
お待ち頂いていた方や、気になっていらっしゃった方は
是非、お早めにご覧下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/88


  
   
   
# by shop-migratory | 2017-02-15 13:30
2017.2.12


冬の寒さがまだ続いておりますが、装いはそろそろ春物が気になりだす頃ですね。

冬はどうしても深いトーンの装いが中心になってしまうので、
それを解放するかのように、春先は発色の良い綺麗な色に
ついつい目が行ってしまいます。


まさに春らしいカラーアイテムをお探しの方にぴったり、
FACTORYより、綺麗なブルーが目を惹くスプリングコートのご紹介です。



d0193211_16404085.jpg



冬のコートでは中々選びにくい発色の良いカラーも、スプリングコートだと取り入れ易く、
さらっと羽織るだけで一気に春らしくパッと明るい印象のコーディネートが完成します。

ネイビーやベージュ等、ベーシックカラーのスプリングコートをお持ちの方は、
是非、発色の良い色味のスプリングコートをワードローブの中に迎えると
コーディネートの幅がぐっと広がるのでお勧めですよ。




d0193211_1642067.jpg
綿麻×ペルー綿 切り替えスプリングコート:¥32,000+tax


上質な綿麻素材で、緩やかなAラインシルエットは、
どんなコーディネートにも合わせ易く、
春らしいブルーの色味がとても綺麗で目を惹きます。


d0193211_16503091.jpg

d0193211_16435590.jpg


一見シンプルなデザインですが、前身頃と袖の後ろ側に、
ペルー綿を使用した縦ラインの切り替えが入り、さりげないアクセントに。

(※コート全体は綿麻素材、縦ラインの切り替え部分が
ペルー産のオーガニックコットンとなっています。)

同色ながらも素材違いによる切り替えは、絶妙な色の濃淡差を生み出し、
奥行きが感じられる一着に仕上がっています。



d0193211_16444853.jpg


コットンとリネンが混紡された綿麻素材のコートですので、
綿の持つ柔らかさと保温性、麻の持つ通気性の良さと独特のシャリ感の
二つの素材の良いところを併せ持った性質があり、
さらりとした軽い着心地の良さが魅力です。

リネン100%ですとシワになり易い性質がありますが、
綿麻素材は、麻のシワになりやすさを綿が補っていますので、
着用する程にリネン特有のくったりと馴染む感じがありつつも、
大きなシワや型崩れすることなく、
綺麗なシルエットラインを長く保ってご着用頂けます。



d0193211_16471763.jpg

ペルー綿の切り替えのラインが、さりげないアクセントとなり、
異素材のコンビネーションがとても良い雰囲気です。


d0193211_16484531.jpg

袖の後ろ側にも切り替えラインが入ります。
ほんのりアクセントが効き、バックスタイルも可愛いです。



d0193211_16514020.jpg

しっかりと丁寧な縫製で切り替えが施されています。


d0193211_1652182.jpg

フロントの大きめポケットもアクセントに。


d0193211_16535723.jpg

d0193211_16541751.jpg

何度も行われるボタンの留め外しにしっかりと耐えられるように
ボタンの裏側にもしっかりと力釦が。


d0193211_1713353.jpg

FACTORYならではの自社で染めたオリジナルカラーがとても美しく、
素材違いによる絶妙な色の濃淡差が現れています。

※FACTORYの製品は、縫製が完了してからの一点一点手染めによる製品染めが行われ、
 同色で染めても素材ごとに染め上がる色味に差が現れるます。
 特に同一商品の中で異素材を組み合わせたアイテムは、絶妙な色の濃淡差が現れるため、
 奥行きが感じられる色味の表情をお楽しみ頂けます。



d0193211_16572296.jpg

d0193211_16574953.jpg

d0193211_1658378.jpg

d0193211_16582129.jpg

d0193211_16583893.jpg

d0193211_16585734.jpg

d0193211_16591283.jpg


カラーは、ブルーとターキスブルーの2色展開です。

どちらもFACTORYオリジナルの美しい色味がとても目を惹き、
コーディネートをパッと明るく引き立ててくれますよ。

是非、春の装いに如何でしょうか。

清涼感のあるさらりと軽い着心地ですので、
袖を折り返すなどすれば、初夏までたっぷりとご着用頂けますよ。



web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/54




  
# by shop-migratory | 2017-02-12 17:10 | FACTORY
2017.2.9


d0193211_1964120.jpg



Ayame'(アヤメ)より、春の新作ソックスが届いております。

まだまだ寒いですが、
節分も過ぎ、暦の上ではもう春!

春を意識して、少しずつ明るい色のアイテムが気になりだす頃ですね。

少し肉厚の綿混素材のソックスは、まだ寒い今の時期からでも
十分にコーディネートに取り入れてお楽しみ頂けますよ。

ギフトにもお勧めです。

是非、ご覧下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/12




   
# by shop-migratory | 2017-02-09 19:06 | ayame'
2017.2.7

先日のブログでも少しお知らせさせて頂きましたが、
明日2/8(水)は展示会訪問のため、臨時休業となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

MIGRATORY








  
# by shop-migratory | 2017-02-07 17:59 | news
2017.2.3


先日のチョタンスカートに続き、tamaki niimeの新作、
「ブカッとしたパンツ」という意味から名付けられた「bucapa(ブカパ)」。


d0193211_1711144.jpg


柔らかな天竺生地で作られた穿き心地抜群のパンツは、
その名の通り、ブカッとした少し力の抜けたルーズな雰囲気がとても可愛いです。





d0193211_17121363.jpg
only one bucapa:¥22,000+tax



タルンパンツほどではありませんが、
ブカパも股上がたっぷりと深く、サルエルパンツのようなシルエットが特徴です。

(FACTORYのギャザーサルエルパンツと似た印象のシルエットでしょうか…。)


程よいピッチのストライプ柄も可愛く、
この縦縞が、縦長にすっきりと見せてくれる役割も◎。


tamaki niimeにしては一見シンプルなストライプ柄となりますが
ストライプの細かな配色はそれぞれ一点一点異なり、
こちらもオンリーワンシリーズのパンツとなっております。

是非、お試し下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/43


※bucapaには、サイズ(2)と(3)があり、弊店ではサイズ(2)のみの展開となります。
 どちらもゆったりとしたシルエットが特徴ですが、(2)は(3)よりも少し丈が短く、
 足首が見えるバランスの丈感になっており、
 (3)に比べると少しすっきりとした印象で着用頂けるようになっています。


※パリの展示会「TRANOÏ」でお披露目された限定生産のbucapaは
 サイズ(3)に相当するワンサイズのみの展開となっておりましたが、
 今回のonly one bucapaより、(2)と(3)の展開となっております。
(弊店ではサイズ(2)のみの展開です。)