2017.12.8

d0193211_19373597.jpg


今年の冬もEVOLG(エヴォログ)より、
タッチパネル対応のニットグローブが入荷しております。


d0193211_19384877.jpg


親指、人差し指、中指の3本の指に、
特殊繊維とアクリルやウールを混ぜ織り込む事で、
手袋を着けたままスマートフォンのパネル操作が可能になっています。


d0193211_1940126.jpg


内側はふわふわの起毛になっているので、
抜群の保温性能と着け心地の良さも魅力の一つです。


機能が備わりつつも、ファッション性の高いデザインが◎。

お手頃な価格と一つ一つパッケージが付いていますので、
冬の暖かなギフトにもお勧めです。






   
# by shop-migratory | 2017-12-08 19:35
2017.12.6


d0193211_178491.jpg


フィンランドのテキスタイルブランド「ラプアンカンクリ」より
人気の「Koivu」のミニトートが再入荷しております。



d0193211_1712482.jpg


Koivuとはフィンランド語で「白樺」を意味し、
北欧の森をイメージした白樺のジャガードの織り柄がとても素敵で上品な印象です。




また今回の入荷では、新作のポーチとプレースマットも仲間入り。


d0193211_17141472.jpg
Koivu ポーチ:¥3,500+tax


d0193211_17154599.jpg
Koivu プレースマット:¥1,800+tax


通年を通して人気の「Koivu」ですが、
白樺のデザインは冬のイメージにもぴったりで
季節柄、ちょっとしたギフトにも大変お勧めですよ。

是非、ご覧下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/75






  
   
 
# by shop-migratory | 2017-12-06 17:35 | LAPUAN KANKURIT
2017.12.5

d0193211_22395661.jpg


先月の入荷ではすぐに完売してしまった
tamaki niimeのウールの「チョタンスカート」。

その後も色々とお問い合わせやご要望を頂き、今月も少しですが入荷致しました。

何かとお出掛けの機会が多くなる12月、
個性的で格好良い雰囲気を演出してくれるチョタンスカートは
様々なシーンで活躍してくれると思います。



d0193211_17423789.jpg

d0193211_17425983.jpg

d0193211_17431034.jpg

d0193211_17432323.jpg

d0193211_17433689.jpg

d0193211_17434855.jpg



色、柄、いずれも同じものは無い一点物、
今回も良い雰囲気のものが揃っておりますので是非、この機会にご覧下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/43







   
2017.12.2


早いもので12月、クリスマスも近づき、
あれやこれやとギフトをお探しの方も多いのではないでしょうか。


d0193211_2023542.jpg


Teha'amana(テハマナ)より、ギフトに最適な革小物が色々と届いております。
(画像に載せれていない物もございます。)

工房で一点一点ハンドメイドで丁寧に作られ、
シンプルながらもステッチや留め具のパーツ使い等、
テハマナならではの小技が効いたアクセントが光ります。

使用される革は、使い込むほどに風合いが変化する
タンニンなめしを施したヌメ革になりますので、
使用していくうちに光沢や色の深みが増していき、味わい深い趣に…。

時間の経過とともに経年変化を楽しめ、じっくりと長くお使い頂けますので
大切な方へのギフトにお勧めですよ。

是非、ご覧くださいませ。


   

   
# by shop-migratory | 2017-12-02 20:25
2017.11.30


FACTORYより、ゆったりとしていながらも
とても形が綺麗なアルパカ素材のコートのご紹介です。


d0193211_20394225.jpg
アルパカ100% コクーンダブルコート:¥50,000+tax


控えめな光沢感とふんわりと起毛した柔らかな質感が感じられる
上質なベビーアルパカを100%使用した一枚仕立てのコクーンダブルコート。


春先の展示会で見たときから「いいな。」と思ってはいたのですが、
半年以上経って実際に届いて羽織ってみたら
「あれ、こんなに良かったっけ!?」と当初の印象より更に赤丸急上昇。

今シーズンはニットにオーダー数が集中し、
コートは少量オーダーだったことを後悔するなか
無理は承知でFACTORYさんに「追加で頂けたりします?」とお願いをさせて頂いたところ、
当初より少し多めに追加で納品頂けることになりました!

当初の予定でしたらご紹介する間も無く、既に完売となっていましたので
こうしてご紹介することができ嬉しいです。



d0193211_2043261.jpg


FACTORYならではのシルエットの美しさが際立つ一着。

男性でも問題なく着用出来るほどの 、ゆったりとしたオーバーサイズが特徴ですが
滑らかなサイドへの生地の落ち感により、
ほんのり丸みを帯びたコクーンシルエットを描く一着となっています。


コート単体で見る印象も十分に素敵なのですが、
実際に着用すると本当に可愛い&格好良く、綺麗なシルエットを描くので、
試着されるお客様はちょっとした驚きと、その素敵さに思わず笑みがこぼれるほど。

また一枚仕立ての軽い着心地ながらも、
保温性はウールの約8倍とも言われるアルパカならでは
ふんわりと暖かな着心地も魅力です。


d0193211_2047878.jpg


ボタンを外してラフに前開きで羽織っても◎

少し肩が落ちるドロップショルダーになっているので、
どこかリラックス感のある雰囲気で、
肩の力が抜けたこなれた雰囲気を演出してくれます。


d0193211_20493790.jpg

d0193211_20495683.jpg

d0193211_20502041.jpg

d0193211_20503485.jpg

d0193211_20505459.jpg

d0193211_20512131.jpg

d0193211_20514058.jpg


カラーは、ブラックとチャコールの2色展開です。

きちんとした上品な印象と、どこかラフな抜け感を合わせ持った
絶妙なバランスがまさに今の気分。

少しフォーマルな余所ゆきスタイルから、日常のカジュアルスタイルまで
幅広いシーンにご対応頂け、オールマイティに活躍してくれる一着だと思います。


d0193211_20542137.jpg

d0193211_20544234.jpg


表面は毛足が長く柔らかなアルパカの毛の特徴を生かした
ふんわりと起毛感が感じられる風合いになっています。


男性が着用されても とても素敵な雰囲気でしたので、
時には夫婦やご家族で兼用で着用できるのも良いですよ。

是非、お試し下さいませ。


コートの仕様などの詳細は、オンラインショップに掲載しておりますので
宜しければ、下記リンクよりご欄下さいませ。

web shop
http://migratory.ocnk.net/product/3360





  



  

 
# by shop-migratory | 2017-11-30 21:00 | FACTORY
2017.11.29


d0193211_20183879.jpg


今年の冬もニット帽のスタンダード、
HIGHLAND2000のBOB CAPが入荷しております。

流行や性別、年齢を問わず被って頂けるベーシックなニットキャップ、
どんな格好にも合わせ易いナチュラルな6色展開です。

是非、お試し下さいませ。










   

    
# by shop-migratory | 2017-11-29 20:16 | HIGHLAND2000
2017.11.26


シーグラスをイメージして作られる、
wakoさんの nami ring(ナミリング)が届いております。


d0193211_1413253.jpg


前回は丸みを帯びたフォルムのものが多かったのですが、
今回はスクエアタイプも充実しています。
(※画像に載せれていないものもございます。)

寒い冬、暖かなニットの袖口から覗く手元に
コロンとしたナミリングのアクセントはとても素敵ですよ。

全て一点物のハンドメイドリングとなり、サイズもそれぞれ微妙に異なります。

実際に指にはめて色々とお試し頂き、
是非、ご自分だけのお気に入りをお探し下さいませ。



ご存知の方もいらっしゃると思いますが
実はwakoさん、先日カレンダーでご紹介したサトウアサミさんのお母様。

母娘揃ってクリエイティブで、素敵な親子です。




   
# by shop-migratory | 2017-11-26 13:59 | wako
2017.11.24


今年はいつもより冬の寒さが早く訪れ、
FACTORYのニット製品が連日好評です。


d0193211_18321473.jpg


毎年、遊牧民の住むモンゴルの奥地へ訪れるFACTORY。

実際に自分たちの目と手で触れ、確かに良いと判断したものだけを素材とし
素晴らしいニット製品を生み出し私達のもとへ届けてくれます。



d0193211_16501830.jpg

d0193211_1928711.jpg

d0193211_19282512.jpg

d0193211_16511649.jpg


かすかな手がかりと勘を頼りに現地に分け入り、
その暮らしを感じ、そのものに触れる…

かれこれ、モンゴルの遊牧民たちとの付き合いがはじまって15年が経つそうで
FACTORYの秋冬コレクションは、モンゴルの風土に支えられて成り立っています。




d0193211_18372739.jpg


とりわけ、今シーズンは「ヤク」のニットが本当に人気で人気で…


d0193211_1839367.jpg


まさに「柔らかな獣毛に包まれるってこういうことか!」と
身をもって実感頂ける暖かさと、繊細でふわふわの肌触りが病み付きに。

また、ふんわりとした中にもどこかもっちりとした弾力性が感じられ、
厳しい自然の中で生きるヤクの逞しさも感じられます。


しかも、今シーズンのヤクは格別。


FACTORYでは2015年よりヤクのニット製品を展開しているのですが、
今シーズン、ヤクのニットアイテムがデリバリーされた当初から
昨年までのものと何かが違う…と感じていた私達。


その時は、自然の動物の毛を使用しているのだから
多少はその時によって個体差があるはず…と思っていたのですが、
少し前に展示会でお会いした時に色々とお話を伺うと
今シーズンご紹介しているヤクは、モンゴルの奥地から更に奥地へと進み、
新たに辿り着いた辺境の地に生息するヤクの毛を使用しているのだそうです。



d0193211_13395890.jpg


首都のウランバートルより19時間以上かけ、
脈々と連なるいくつもの山と谷を越えてようやく辿り着いた場所…

私達が見たこともない延々と広がる果てしない大地は
思わず息を飲む程の美しさです。




d0193211_18534198.jpg


これまでよりも更に北に位置する、その辺境の地で出会ったヤクは、
ヤクが生息出来るギリギリの極寒の地となり、その環境もあるのか
巨漢として知られる通常のヤクの身体に比べると、ふた回り程小さいのだそう。

けれど、その過酷な環境から身を守るために身体を覆う毛は
より一層、繊細で柔らかく、空気をたっぷりと含んで暖かく
ヤクの毛並みに直接触れた瞬間「これはイケる!」と、
今までにない確かな感触を得たのだとか。


d0193211_18542234.jpg


ふわふわのヤクの原毛。

ヤクの身体を覆う表面の体毛はとりわけ固めで剛毛なのですが、
その剛毛の下に隠れて密生しているうぶ毛は驚くほど柔らかく、
このうぶ毛によってヤクの身体は厳しい寒さと乾燥から守られているのです。

FACTORYでは、この選りすぐった繊細なうぶ毛のみをニットに使用。

(もちろん、ヤク自身が生きる為に大事なうぶ毛…
その多くは比較的暖かな夏期の時期にわけてもらっているのです。)


d0193211_18553021.jpg


そして長年の構想を経て、昨年末に新たに設立したモンゴルの自社の紡績工場にて
原毛の良さを損なわない工程を経た良質な一本の糸を作り上げ、
そこから私達が実際に目にすることになる、
ふんわり暖かな極上のニットへと編まれていくのです。





d0193211_1912076.jpg

d0193211_1914265.jpg

d0193211_1915774.jpg



FACTORY自らが「今年のヤクは本当にハイクオリティで良いものを作れた。」と、
確かな自信を持ってお勧めするだけに、今シーズンのヤクは本当に人気が高く、
ブランドで管理している原毛の在庫も早々に全て無くなってしまったそうで。


弊店でも途中で追加納品を頂いたりと、例年より多めにご用意していたのですが、
ここ数日の急激な寒さで、残り僅かとなってきております。

前述の通り、原毛の在庫が終了してしまいましたので
今後の再入荷、及び、追加の再生産は難しい状況となっております。

気になっていらっしゃった方、ご検討頂いていたお客様は
是非、お早めにご覧下さいませ。



d0193211_19185655.jpg


今年の夏、プロモーションの為に同行したカメラマンによる
モンゴルの写真や映像の数々は本当に美しく、見ていると胸がいっぱいになってしまいました。

いつかこの景色、実際に目にしてみたい。






    





  


   
# by shop-migratory | 2017-11-24 19:20 | FACTORY
2017.11.22


そろそろ来年のカレンダーが気になりだす頃でしょうか。


d0193211_19594157.jpg



毎年恒例、今年もサトウアサミさんの2018年のカレンダーが入荷致しました。

カレンダーは月ごとに一枚一枚分かれて独立していますので、
壁にピンで簡単に留めたり、きちんと額装をして飾って頂くのもお勧めです。



d0193211_201526.jpg
サトウアサミ 2018カレンダー:¥2,000+tax


毎年同じA4サイズで作られますので、一度お好みの額を用意して頂くと、
次の年もその次の年も、月ごとにカレンダーを入れ替えて頂くだけで
インテリアの中でしっかりとお楽しみ頂けますよ。

是非、来年のカレンダーに如何でしょうか。



   


  
# by shop-migratory | 2017-11-22 20:02 | サトウアサミ
2017.11.21


北海道の旭川に工房を構える高橋工芸より、
木のカップ達が再入荷しております。


d0193211_16542228.jpg


なるべく地元の木を使いたいと素材選びからこだわり、
北海道産のセンの木やシナの木を使って作られた木の器は
すっきりとシンプルなフォルムに、木の優しい温もりが伝わります。

ひとつひとつ微妙に異なる木目も美しく、
熱い飲み物を入れてもカップを持つ手にじんわりと暖かさが届き、
口当たりも優しくてとても使い易いの特徴です。

これからの時期、冬のギフトにもお勧めですよ。

是非、ご覧下さいませ。



web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/9





  




  
# by shop-migratory | 2017-11-21 16:44 | 高橋工芸