<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2012.5.27

波佐見焼の老舗・堀江陶器とインテリアスタイリスト達によって立ち上げられた
波佐見焼ブランド「h+(エイチプラス)」の白い器たち。

スタイリストならではの感性で生み出された波佐見焼の器たちは、
シンプルでありながら、日常の何気ない暮らしがほんの少し良くなるようにと
使い勝手の良さや、楽しいエッセンスが光るアイテムが揃います。


d0193211_1952184.jpg


森の中に佇む1本の止まり木をイメージして作られたとっくりと、
合わせてデザインされたお猪口の酒器シリーズ。

コロンとした柔らかなフォルムが、晩酌の時間にほっこりした雰囲気を演出してくれますよ。

d0193211_19523537.jpg
とっくり:¥2,625   お猪口:各¥840

お猪口はスタッキング可能で、とっくりの上に被せてみると、とても愛くるしい姿に!

お酒が好きな方へのギフトとしてもお勧めです。



d0193211_11393439.jpg

d0193211_19374913.jpg
うつわ皿:各¥840

器の形をしたうつわ皿。

ピッタリとスタッキング可能で、パズルのように組み合わせて楽しめる小皿です。
食器としてはモチロン、ちょっとした細かいものをのせるトレイとしても。


d0193211_1140109.jpg
バターケース:¥2,625  バターナイフ:¥1,890

潔い直方体の形が美しいバターケースと、合わせて使いたいバターナイフ。

無駄の無いシンプルなデザインは、バターケース以外にも、
梅干しや佃煮などの保存容器としてや、インテリアの中での小物ケースとしてなど
角型の蓋物として様々な用途でお使いいただけます。

d0193211_19385598.jpg
Sサイズ:¥1,575  Mサイズ:¥1,785

保存容器としてだけでなく、インテリアの中でもしっくりと馴染むキャニスター。


d0193211_193927100.jpg
プレスコップ:¥1,575

昭和初期のプレスガラスのカットの美しさを、
磁器を使って再現したプレスコップ。

マットな質感と潔い真っ白なカラーで、
凛とした雰囲気が佇む美しいコップです。


d0193211_19401473.jpg


コロンとしたフォルムが可愛らしい、マカロンをイメージしたお箸置き。

d0193211_19403829.jpg

d0193211_19405465.jpg
各:¥735

2つに割ると、中からボトルやうつわの凹凸が現れる楽しいデザイン。

ギフトとしても喜ばれるお箸置きです。


=========================================

h+(エイチプラス)

インテリアスタイリストの草分けである故・岩立通子氏が、偶然出会った
煎茶碗に強く魅かれ、その作者探しから辿り着いたのが長崎県の波佐見焼。

その波佐見焼の老舗・堀江陶器と、岩立氏を師と仰ぐインテリアスタイりストである
小山佳子氏・長尾美智子氏・矢口紀子氏・雑貨プランナーである小渕晋氏との
共同で開発された器は、どれもスタイリストならではの新しい感性を持ちます。

また波佐見焼は、制作の工程をそれぞれ各分野専門の分業体制をとっており、
ろくろを挽く工房「陶房 青」、陶土づくりを担う「中尾陶土」、
石膏で型を製作する「フクタツ工房」、鋳型を手掛ける「木村鋳込」、
10代目となる窯元「光春窯」、素焼きや絵付けを担当する「光玉陶苑」など、
多くの熟練職人の手によって支えられています。

by shop-migratory | 2012-05-27 19:48
2012.5.22

カリフォルニアより届きました、ちょっとパンチの効いた遊び心のある
エコトートバッグのご紹介です。

d0193211_053693.jpg
C.C.TOTE : 各¥1,575

USAよりカリフォルニアのブランド「idiopix(イデオピックス)」による
ヴィンテージアートを取り入れたエコトートバッグ。

リサイクルコットンから成るシンプルなトートに、水性インキを使用して
一枚一枚手刷りされ、環境に配慮したエコトートバッグとなっています。

d0193211_23483959.jpg


idiopixは職業の違う3人の友人同士で、
「デザインを通じて、人々により良い環境、より良い生活の場、
心からの笑顔を提供する。」という信念のもと2011年に立ち上げられたばかりのブランド。

ブランドコンセプトは「ヴィンテージ」で、ヴィンテージアートを取り入れた
Tシャツやエコバッグ等を数多く展開しています。

エコバッグに関しては、実に数百種類ものデザインを展開しているのですが、
その中でもMIGRATORYでは、ファッションアイテムとしても取り入れ易く、
尚且つ、少しシュールな雰囲気が漂うデザインのものを中心にピックアップしております。

d0193211_23511260.jpg

d0193211_23572936.jpg

d0193211_23531344.jpg

d0193211_23534234.jpg


個人的に気に入っております、魚介類シリーズ…
エビ、タコ、ホタテの「寿司ネタ三兄弟」と勝手に命名しているお気に入り。

(「エビ」は正確にはロブスターなのですが。。。)


d0193211_0152329.jpg


「な、何故に、エビ!? タコ!? ホタテ!?(笑)」と、思わせながらも
実際に持ってみると案外しっくりときて素敵だったりしまして。


d0193211_23553264.jpg


持ち手がやや長めで肩に掛け易く、エコバッグとしてだけでなく
様々なシーンで使い易い、程良いサイズ感となっています。
(生地もテロテロした薄さではなく、ハリのある適度な厚さがあります。)

キャンバス素材のナチュラルな雰囲気でありながら、遊び心溢れるデザインは
これからの季節、サラッとコーディネートに合わせたい気分です。


色々な種類の中から選ぶのも楽しいですね。

ちょっとしたウケを狙っての、気軽なプレゼントにもお勧めですよ。
by shop-migratory | 2012-05-22 23:45
2012.5.21

久々に小泉硝子製作所のガラス製品が幾つか入荷しております。

d0193211_18334290.jpg


明治45年創業の理化学・医療用ガラス専門メーカーである小泉硝子製作所。

機会生産のガラスが多い中、創業以来、現在も尚、熟練の職人により
ひとつひとつ手吹き作業により製作されています。

製作されるものは、試薬瓶やビーカーやフラスコ等…と
通常は化学や医療の現場で業務用として使用されるものばかりですが、
無駄を削ぎ落とした必然から成るフォルムは、私達の身近な暮らしや、
インテリアのなかにも取り入れ易いアイテムが揃います。

d0193211_18345074.jpg

d0193211_1835548.jpg

d0193211_18352330.jpg


手吹き硝子ならではの厚さが均一ではなく
表面がユラユラとした雰囲気もまた魅力のひとつ。

透明度が非常に高く、涼しげで凛とした佇まいは
用途を考えず、ディスプレイするだけでも
その魅力を充分に味わうことができますよ。

d0193211_18355876.jpg



小泉硝子製作所の製品は全て耐熱ガラスとなっております。
耐熱温度は190~230℃と、かなり熱いものを入れても
ご安心してお使いいただくことができます。
2012.5.19

インドコットンを使用したマドラスチェックのバンダナのご紹介です。

d0193211_17235224.jpg


何枚あっても困らない…と言いますか、素敵なものを見つけてしまうと
ついつい買ってしまうバンダナやハンカチの類い…。

鮮やかな色合いがこれからの季節にピッタリな気分です!

d0193211_17254169.jpg
Patchwork Bandana : ¥525

そもそも、マドラスチェックとは、インド南東部マドラス地方(現在のチェンナイ)を
発祥とするインド綿を使用した格子模様(チェック)生地のことをさします。

古くは大航海時代にイギリスのタータンチェックから発展したという説がある
マドラスチェックは、太陽の光を思わせるビビッドな色合いが特徴的。

天然染料を使用した細い糸で織られた生地は、洗いを繰り返すにつれ、
少しずつ色落ちしたり滲んだりして、その独特な風合いを楽しむことができます。

また、昔ながらの織り機によって織られる為、
所々、織りムラや繊維のかたまりなどが見られることがありますが、
技術が発展した現在では、逆にこうした昔ながらの
素朴なマドラスチェックの生地は貴重となっているんだそう。


しかも、今回ご紹介するこちらのバンダナ、
幾つかの種類の生地をパッチワーク状に併せたバンダナとなっていて、
かなり可愛いつくりになっています。

d0193211_17124414.jpg


パッチワークになっていて¥525というこの価格…
本当にいいんでしょうか??…と、ついつい心配になってしまいますが。。。

たっぷりとした大きさがあるので、ハンカチとしては勿論のこと
お弁当を包んだり、ランチョンマットにしたり…と
様々な用途でお使いいただけますよ。

d0193211_1743511.jpg


季節柄、バスケットと併せて使用するもの可愛いですね。


また同じく、マドラスチェック生地のエコトートバッグも入荷しております。

d0193211_17205182.jpg

d0193211_17219100.jpg
Eco Tote Bag : ¥735

こちらはボタンの留め部分がポイントになっていて可愛いです。

折り畳むと小さくまとまるので、
鞄に一つ入れておくと色々と便利でお勧めです。
by shop-migratory | 2012-05-19 17:08 | shri yantra
2012.5.18

色々なカラーバリエーションとコロンとしたフォルムが魅力的な
wakoさんのnami ringが入荷してきました。

d0193211_18134723.jpg


初夏にピッタリな鮮やかなカラーが色々と登場です!


d0193211_1814451.jpg

d0193211_1815496.jpg


透き通った感じがとても涼しげで爽やかなものや、
キャンディーのようにポップでカラフルなものまで…。


ひとつひとつwakoさんの手により、丁寧に時間をかけて生み出されるnami ring。

指輪としては大振りですが、樹脂素材なので付け心地はとても軽く、
どれも個性的で存在感がありながらも、コーディネートの中に
しっくりと馴染んでくれる指輪となっています。

カラーやフォルムによって雰囲気もガラリと変わるので、
気分によって付け変える楽しさも。

ハマってしまったら最後、ひとつ、ふたつ…と増えていき、
気付くとコレクターになってしまう方も実に多いようで、
かなり魔性の魅力たっぷりなnami ring。


d0193211_181705.jpg



カタチも様々な種類があり、
カラーに至っては、ひとつひとつwakoさん自身の調合によりつくられるので、
本当に同じ指輪は一つとして存在しないのだそう。

是非、ご自分だけのお気に入りをお探しくださいませ。
by shop-migratory | 2012-05-18 18:18 | wako
2012.5.12

スターツ出版より本日発売されました「OZ magazine」6月号に掲載して戴きました。

d0193211_22121899.jpg


P.81~の「東横線さんぽ」のトピックの中目黒エリアの中で
ご紹介いただいております。

自由が丘をメインに東横線エリアの特集となっている今月号。

美味しそうなパン屋やカフェやビストロ、
楽しそうな雑貨屋やインテリアショップ…等、
素敵なお店の情報が色々と掲載されている内容となっています。

是非、東横線エリアのおでかけにご活用くださいませ。
by shop-migratory | 2012-05-12 22:17 | press
2012.5.11

一か月ほど前にこちらでご紹介したshri yantraのカディコットンのストール…
とても好評につき、再び色々と入荷してきました!

d0193211_19471786.jpg


特にお問い合わせを多くいただいていたものも、すぐに完売してしまった
インドの高度な職人技術で織られたJAMDANIのストールも
種類が幾つか増えて入荷しております。

とても優しい極上の肌触りで、繊細な織り模様とガーゼのような透け感が
大変美しいストールとなっています。

個人的にもJAMDANIのストールは愛用しているのですが、
ナチュラルでありながら上品な雰囲気と肌馴染みが本当に良くて
かなりお勧めの一枚です。

d0193211_19463453.jpg

ホワイトだけで織られたものは、本当に繊細なレースのような雰囲気です…。


他にも色々と入荷しておりますので、
是非お気に入りの一枚をお探しくださいませ。

d0193211_19495028.jpg

d0193211_1950733.jpg

d0193211_19503054.jpg


どれもカディならではの肌触り、風合いが魅力的な一枚となっております。
(画像の以外のご用意もありますので、そちらは店頭にてご覧くださいませ。)


ご使用いただくほど、その方自身に優しく馴染んでくるカディ…
是非その過程もお楽しみいただければと思います。

今週末に控えている母の日のギフトとしても、とてもお勧めですよ。





KHADI(カディ)

カディとは、インドの手紡ぎによる糸を手織りした布の総称のことをいいます。

インドでカディが普及した理由としては、ガンディーが植民地支配のイギリスの機械織り
綿布に対する抵抗の手段としてインド各地を歩き、手織り布によるインド人の自立を
促したという由来があります。

機械で紡がれた糸と異なり、手で紡がれた糸は「糸より」が柔らかいという特質の為、
吸湿性、速乾性に優れ、冬は暖かく、夏はその「糸むら」により、
空気をはらみ、涼しい、といったカディならではの肌触りを感じることが出来ます。

コットン素材のカディストールは、まだ肌寒い春先から冷房や陽差しの気になる夏、
そして秋口までと3シーズンを通して長くご使用いただけます。

by shop-migratory | 2012-05-11 19:47 | shri yantra
2012.5.8

d0193211_17161271.jpg


本日より江田由美子さんと須田美絵さんによる二人展
「やじるし展」がギャラリースペースにて始まりました。


d0193211_17164018.jpg

d0193211_171747.jpg

d0193211_17172188.jpg

d0193211_17173696.jpg


江田さんの、木の素材を生かして丁寧に作られた
バッグやアクセサリーなどの小物たち、
須田さんのシルバーを素材とした繊細なジュエリーたち…

展示販売(一部の作品除く)となっておりますので、
気に入った作品がありましたらお買い求めいただくこともできますよ。

d0193211_1721975.jpg



本日より5/13までの開催です。

是非、足をお運びくださいませ。


※在廊日

・江田由美子・・・平日18時30分〜、12日(土)13時〜20時、13日(日)12時〜20時
・須田美絵・・・12日(土)12時〜16時、13日(日)12時〜20時
by shop-migratory | 2012-05-08 17:23 | gallery
2012.5.3

かなり久し振りにブルキナバスケットが入荷してきました!

d0193211_22221069.jpg
ブルキナバスケット(Lサイズ) : ¥4,095

西アフリカの女性たちの手によりハンドメイドで作られたこちらのバスケット…

ナピアグラスというイネ科の植物を素材とし、ガーナで一つ一つバスケット状に編みあげ、
ガーナのお隣の国、ブルキナファソで持ち手に革を巻き付けられて完成します。

d0193211_22223395.jpg


革をぐるぐると巻き付けられた赤い持ち手がアクセントになっていて、かなり可愛い。

沢山の物が入るので、スリッパを入れたり、子供のおもちゃ、雑誌、等々…
何を収納するかは使う人の自由自在。

d0193211_22225558.jpg


素朴でナチュラルな雰囲気がとても可愛く、インテリアの和洋を問わず
床や椅子、チェストの上など、無造作にポーンと置いておいてもサマになってしまう
かなり使える優秀なバスケットです。

d0193211_22133270.jpg


無地とカラータイプがあり、カラーのバリエーションは
作り手の個性が溢れるほぼ一点ものとなりますので
お早めにご覧くださいませ!
by shop-migratory | 2012-05-03 22:14