カテゴリ:大谷哲也( 1 )

2010.12.6

「凛とした」という言葉の表現が好き。
そしてもちろん
「凛とした美しさ」があるモノが好き。

d0193211_15422832.jpg


そんな「凛とした美しさ」という表現がぴったりなのは
滋賀県信楽に工房を構える陶芸家、大谷哲也さんの白い器たち。
器をながめていると、背筋がしゃんと伸びそうな…、
そんな真っ直ぐな気持ちにさせてくれます。

さて、ながめているだけで惚れ惚れとしてしまう器たちなのですが、
お店に来られた方はながめるだけでなく
是非、実際に手にとってみて欲しい!…のです。

磁器とは思えないほど、マットで滑らかな印象で
手にとった時、思った以上に持つ手にホワッと馴染む…。
なんだか、ほっこり。
「凛とした」だけでなく、「柔らか」な印象もプラス。
いいですね~。

優しい印象の白色なので、何をよそっても
彩りを際立たせてくれることだと思います。

d0193211_18175397.jpg
帽子鉢  小2,940yen 大:4,200yen

d0193211_15445960.jpg
銅鑼鉢:2,100~10,500yen

シンプルでいながら、「うつわ」として抜群に美しいカタチは
ひとつひとつ丁寧に大谷さんの手によるろくろ挽き。
機能的な美しさはモチロンですが、段階的な大きさも含め、
一枚一枚の形状までしっかりと継続的につくられていて、
まるで「てづくり」と「プロダクト」の境界にあるような完成されたフォルムに
大変魅力を感じる器たちです。


12/5~12/12まで、大谷さんを含む10名の作家さんで
柳橋のlucite gallryで展示をされています。

d0193211_15452654.jpg


その名も、、、『おうち、』

建物は隅田川沿いにある元邸宅で、2階からは隅田川が一望でき
スカイツリーも見える絶好のロケーション!
「おうちにあったら楽しいもの」というテーマで、様々なジャンルの作家10名の
おうちにあったら楽しいものが色々と並んでいます。
12/12まで開催されていますので、興味のある方は是非足をお運びください。
詳しくはlucite gallryのHPをご覧ください→

ちなみに『おうち、』は「おうちてん」と呼ぶんだそうで、ずばり『おうち展』ですね。
いやはや、なんとも~(笑)!
ふふふ。
by shop-migratory | 2010-12-06 15:53 | 大谷哲也