2017.9.18


インドの古いヴィンテージカンタの端切れを利用して作られた
ランチョンマットが色々と入荷しております。


d0193211_13415636.jpg



ここ2年くらいは、藍染め加工を施した落ち着いたトーンのものを中心にご紹介していましたが、
今回はググッとくる素敵な出合いがあり、藍染めを施していないカラフルなものが
久しぶりに色々と入荷致しました。(勿論、藍染めタイプも幾つかございます。)



d0193211_19132855.jpg

d0193211_18453011.jpg

d0193211_18455194.jpg

d0193211_1846379.jpg

d0193211_18463862.jpg

d0193211_1847270.jpg

d0193211_18471674.jpg


およそ百年ほど前に作られたのカンタの大きなキルトから、ダメージが酷い部分を取り除き、
コンディションの良い部分を使用して作られた一点物となっています。

それぞれに雰囲気が異なりどれも素敵ですので、
選ぶのに迷ってしまいますね。(それも楽しみのひとつではありますが…。)



d0193211_18491542.jpg


表と裏、リバーシブルでお使い頂けます。



d0193211_19174011.jpg
d0193211_19181281.jpg


その時の気分によって、どちらも使用出来るのが良いですね。



d0193211_1991059.jpg

チクチクチク…と、まるで規則正しいリズムのようなステッチ(刺し子)が全体に入っていて、
なんとも言えない味わい深く温かみのある表情がとても素敵です。


d0193211_1992280.jpg

生地の繫ぎ合わせによるパッチワークのバランスも絶妙で、
「この部分は小さな穴などのダメージを隠すために継ぎはぎをしたのだろうなぁ」…と
突如と現れる小さな継ぎはぎの部分も、意図せずアクセントになっているのが
カンタの魅力の一つだと思います。



昔からインドやパキスタンの女性たちの間では
使わなくなったサリーやデュパタ等の古布を何枚もパッチワークのように繫ぎ合わせ、
ステッチを施し強度をもたせて再利用する習慣があり、
こうして出来た生地を「カンタ」や「ラリーキルト」と呼び、
時に大作のキルトは、嫁入り道具として母親から娘へ受け継がれ大切にされてきました。


「もったいない」の精神から生まれた、日本の伝統の刺し子とも通じるところがあり、
ものを大切に扱う気持ちや手仕事への敬意から、
近年は日本を含め、世界中でカンタの人気は高まっています。


弊店でもお店のオープン当初の6~7年前からカンタは色々とご紹介する機会があり
その当時からも確かに人気はあったのですが、
ここ2、3年は特に、年齢や性別を問わず様々な層のお客様からご購入頂く機会がぐっと増え、
以前にも増して人気の高まりを実感しているところです。



d0193211_1964716.jpg


カンタならではのオリエンタルな雰囲気が漂いますが、
やはり日本の刺し子と通じるところがある為か、
特に和の食器との相性が良いように思います。

食卓以外でも、チェストやテーブルの上などで花器やオブジェの下に敷く
インテリアのディスプレイマットとして使用するのもお勧めですよ。

いずれも一点物となりますので、
是非、色々とご覧頂きお好みのものをお選び下さいませ。


入荷分全てではございませんが、オンラインショップからもご覧頂けます。
宜しければ、ご覧くださいませ。

http://migratory.ocnk.net/product-list/17








   
# by shop-migratory | 2017-09-18 19:16
2017.9.17


d0193211_20323535.jpg



月曜日は店休日とさせて頂いておりますが、
明日の(9/18)は祝日となりますので営業とさせて頂きます。

只今、台風18号が北上しており、東京の明日は午後からは晴れ予報となっておりますが、
台風の進路や速度によっては営業時間を変更させて頂く場合があるかもしれません。
(※変更の場合はお知らせさせて頂きます。)

今日はこれからどんどん雨風が強くなってきそうですので、
外出されている方は十分にお気をつけてお過ごし下さいませ。



===========================================    

工房アイザワや野田琺瑯など、色々と欠品しておりました
キッチンツールが再入荷しております。

お待ち頂いていた方は、是非、ご覧くださいませ。




  
   
# by shop-migratory | 2017-09-17 20:37 | news
2017.9.15

d0193211_13122946.jpg



伝統工芸士・金指勝悦さんの寄木細工が、半年ぶりに色々と入荷致しました。


今回は、お問い合わせの多かった林檎の小物入れが充実しております。

色々とある中から出来るだけモダンな顔つきのものを選んできましたので、
どこか北欧さながらの雰囲気があってとても素敵ですよ。



ちょうど8月初旬の日本経済新聞の紙面に
金指さんと寄木細工について大きく取り上げられたこともあり、
全国からお問い合わせを頂いておりますが、
オンラインショップへの掲載はしばらくお時間を頂きます。
(現在、業務が立て込んでおり、1週間〜2週間前後のお時間を頂くことになりそうです。)

遠方のお客様にはお待たせすることになり申し訳ございませんが、
近郊の方は、お時間ございましたら是非ご来店頂き、お好みの物をお選びくださいませ。









   




  
# by shop-migratory | 2017-09-15 13:10 | 金指勝悦
2017.9.14

d0193211_20321860.jpg


沖縄の読谷村に工房を構える野本周さんによる
「ノモ陶器製作所」の器が入荷しております。


野本さんは器作りの制作の工程を全て一人で行い、
伝統的なやちむん色を元に独自の色彩感覚を活かした器を日々制作されています。




d0193211_20415537.jpg


野本さんが作られる器の中でも特に人気の高い
沖縄独自の「オーグスヤー」と呼ばれる緑釉を使用した器は、
まるで光を帯びたような色味が魅力的。

清涼感の中にも優しい温かみが感じられ、食卓を明るく彩ります。


d0193211_20434987.jpg


一点一点、焼き上がりの表情がそれぞれ異なりますので、
是非、じっくりとご覧頂きお選び下さいませ。




   
# by shop-migratory | 2017-09-14 20:50
2017.9.13

FACTORYより、ドッキングワンピースのご紹介です。

春先の展示会で見た時からとても気になっていたワンピースで、
秋が来るのが待ち遠しかった一着です。


d0193211_19374875.jpg



一見、同色のトップスとスカートのセットアップのようにも見えますが、
実は一枚でガボッと着れるゆったりとしたワンピース。

FACTORYが得意とする切り替えパターンの
遊び心が堪能できる一着になっています。


d0193211_19402488.jpg


前身頃は上部がアスペロコットンのふっくらとしたトレーナーに
スカート部分は洗いをかけたシャツのようなコットンの布帛を使用。

後ろ身頃は、全体がアスペロコットンのトレーナー地になっています。

(※フロントのスカート部分のみが布帛素材となっています。)


d0193211_19435491.jpg


ゆったりとラフに着れる楽ちんワンピースですが
その見た目は文句無しの可愛さ。

見る人が一瞬「おや? これどうなってるの?」と思わせてくれる、
パターンテクニックを駆使した一着になっていますので
コーディネートを考えるまでもなく、このワンピース一枚で雰囲気のあるスタイルが完成しますよ。

前と後ろでパターンが大きく変わっているので
特にサイドから見るシルエットは、
その切り替えのバランスが絶妙でとても素敵な印象です。



d0193211_1947385.jpg

フロントのスカート部分の切り替えは、単に繋ぎ合わせているのではなく、
上から覆い被さって重ね着をしているかのように見える作りになっています。



d0193211_1947239.jpg

裾のリブをめくった内側で、細かいギャザーをたっぷりと寄せて
丁寧にしっかりと縫い合わせています。

通常こういった作りは、パターン技術としっかりとした縫製が伴っていないと
ゴワゴワとへんな凹凸が生まれ、それが服の表にも影響を与えてしまうのですが、
FACTORYでは、緻密に立体的に考え抜かれた独自のパターンと、
信頼のおける自社工場の縫製スタッフによって、
すっきりと収まりの綺麗な仕立てになっているのです。


中目黒という土地柄、アパレルの会社や事務所も多く
ファッションの制作に携わるお客様が割と多くいらっしゃるのですが、
何人かお話を伺ってみると、FACTORYの素材の良さとパターン技術に感心され、
更に価格に驚かれる…という事がよくあります。

とにかく見えないところ(服の内側)まで、
作りや収まり、縫製処理のこだわりが半端ないそうで、
トータル的に考えて「私ならこの価格つけられない…」だそうですよ。

「FACTORY価格」とは、よく言ったものですが、
ニ○リ…ならぬ、プロから見てもまさに「お値段以上。」なFACTORYなのです。



d0193211_2063138.jpg

d0193211_207886.jpg

d0193211_2072778.jpg



カラーは、ブラック・ネイビー・カーキグリーンの3色展開です。

ふっくらとしたアスペロコットンがとても心地良く
秋にはこのワンピース一着で快適に過ごせる程良い暖かさがあります。

アスペロコットンの素材については今回省略させて頂きますが、
気になる方は前回の生地をご覧下さいませ。
「アスペロコットン100%トレーナー 」


ゆったりとした身幅とアームホールになっていますので
気候に応じて中にインナーを着て頂いたり、
上からカーディガンやジャケット等を羽織ったりしても良いですね。

是非、ご覧下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product/3194





 
 
   
# by shop-migratory | 2017-09-13 20:17 | FACTORY
2017.9.12


d0193211_19381813.jpg


昨年の秋冬にとても好評だった
シンプルで形の綺麗なベレー帽が今年も届きました。


d0193211_19405389.jpg

d0193211_19411243.jpg
odds バスクウールベレー帽:¥4,800+tax


「Made in JAPAN」ならではの、
日本人の頭の形にフィットするシルエットを形作ります。

カラーは、ブラック・ダークネイビー・グレー・オリーブ・マスタードの
これからの季節の装いに合わせ易い5色展開です。

お値段もお手頃ですので、色違いで楽しむのも良いですね。

是非、お試し下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product/2476




   
2017.9.8


完売しておりました「オールドバンジャーラ」の
コースターが再入荷致しました。


d0193211_2035785.jpg


こちらのコースター、インドの南西部で生活していたノマド(遊牧民)の間で使用されていた、
100年以上前のバンジャーラ刺繍の古布の端切れを利用して作られています。

当時これらの生地は、お金の代わりとして食べ物と交換したり、
娘が嫁ぐ時の嫁入り道具として贈られる貴重なものとされていました。

砂漠を遊牧するノマド達は、灼熱の太陽で布が傷んでしまわないように
生地を何枚にも重ね、更に刺繍(刺し子)を施して
耐久性を良くしていたと言われています。



d0193211_2045619.jpg


前回初めてご紹介した際は、
オールドバンジャーラは、やはり希少で珍しいこともあり
とても多くのお客様にご好評頂きました。

同じくインドの「カンタ」とよく似ていますが、
カンタに比べると刺し子のステッチがダイナミックで太く、
良い意味で荒々しいというか少し粗野な雰囲気が良い感じです。

カンタとはまたひと味違った魅力に溢れますが、
カンタが好きな方は、きっとこちらのバンジャーラもお好みかと思いますよ。



d0193211_20125757.jpg


何枚も生地を重ねているので、程よい厚みがあります。

使用しているコップは「奥原硝子製造所」の3半コップクリア。

素朴で力強い魅力に溢れるバンジャーラコースターに
同じく、素朴で温かみのある琉球ガラスのコップが、とても良く合います。


コースターはレッド系やグリーン系など、色や柄も色々とあって
今回も素敵なものが色々と届いておりますので、
是非、お好みのものをお選び頂ければと思います。



d0193211_20264917.jpg


また、ほんの少しとなりますが、
オールドバンジャーラを使用したハンドバッグも。

バッグもとても素敵な雰囲気で、
シンプルな装いにさらりと合わせてみては如何でしょうか。

気になる方は、是非、コースターと併せてご覧下さいませ。








   
2017.9.5


初めてご覧頂く方も多いのではないでしょうか…

希少なtamaki niimeの一点物の長袖シャツが届いております。


d0193211_20324288.jpg



ほんの僅かとなりますが、弊店では初のお目見えです。

シンプルでベーシックな形ながらも、tamaki niimeならではの
美しい織り柄のパターンが堪能出来る一着になっています。


d0193211_20355142.jpg
only one shirt:¥19,000+tax


これからの時期、一枚でさらりと着て頂くのも良いですし、
もう少し秋が深まればカーディガンやジャケットを羽織って
重ね着をして頂いても◎。


元々、シャツはごく限られた数しか作られておらず、
中々見かける機会がない希少アイテムとなりますので、
気になる方は是非、この機会にご覧下さいませ。




※先日、こちらのブログでもお知らせさせて頂きましたが、
 明日9/6(水)は展示会訪問につき、終日休業となります。
 お間違えのないように、ご注意下さいませ。




   

   
2017.9.4


9月に入り、急に肌寒く感じるようになり
秋の気配が着々と…。

Tシャツ一枚や薄手の生地の装いではなんだか
心もとなくなってきました。


d0193211_1553362.jpg


FACTORYより、秋にさらりと一枚で着るのに重宝する
アスペロコットンの素材のトップスのご紹介です。


d0193211_1574095.jpg
アスペロコットン ショート丈ワイドトレーナー:¥12,000+tax


d0193211_1584082.jpg
アスペロコットン ドルマンモモンガトレーナー:¥14,000+tax



FACTORYでは新しい素材展開となるアスペロコットン。

上質な素材として知られるペルー産のコットンの中でも最高級とされる
アンデスの山岳地帯で栽培されたアスペロコットンを100%使用しています。

これまでよくご紹介してきた「ペルー綿」と同じくペルー産のコットンとなりますが、
ペルー綿はピラウ地方の海外沿いで育つ綿花となり、
アスペロコットンは、標高の高いアンデスの山岳地帯で育つ綿花となっています。



d0193211_1511296.jpg


アンデスの山岳地帯で育つ希少なアスペロコットンは、
そのアンデスの過酷な環境下で育つことから、弾力性があり、
綿でありながらも限りなく獣毛(ウール)に近い風合いが特徴となっています。

そのふっくらとした暖かさから、ウィンターコットンとも呼ばれ重宝されています。

数ある綿素材の中でもトップクラスを誇る高品質なアスペロコットン…
そのアスペロコットンを100%贅沢に使用し、今シーズンのFACTORYでは、
太番手のインレイ編みにより、ナチュラルでふっくらとした
オリジナルのトレーナー生地に仕立ててアイテムを幾つか展開しています。


昨年の秋冬コレクションでもペルー綿の薄手の
トレーナーアイテムを幾つか展開していましたが、
今年のアスペロコットンのトレーナー素材の方がやや厚手で
ふっくらと弾力性のある生地感になっています。

個人的には今年の方が好みの仕上がりかな…と思っています。





d0193211_15135176.jpg


身幅はゆったり、着丈は短めのショート丈ワイドトレーナー。

袖も手首がすっきりと見える短めで、
ちょうど秋のスタイルへ移行していく今の時期にぴったりな一着です。


d0193211_15152570.jpg


広めの袖はアームホールの下に切り替えを施し、
より立体的で腕の動きがスームズになるようになっています。


d0193211_15164337.jpg

d0193211_151735.jpg

d0193211_15171726.jpg


肩が落ちるドロップショルダーのシルエットが良い雰囲気で
短めの着丈はトレンドの長めのボトムとも相性が◎。

一般的なトレーナーとはまたひと味違った
カジュアルに少しモード感がプラスされたスタイルにお勧めです。




d0193211_15204751.jpg


モモンガドルマントレーナーはその名の通り、
モモンガが脚を広げたときのようなドルマンシルエットが特徴的。

アームホール付近はかなり広めにゆったりとした作りですが
袖口にむかって細くなっていますので
生地の落ち感と相まってすっきりとした印象でご着用いただけます。


d0193211_1521297.jpg


サイドからみると袖のふんわりとしたボリューム感が良い雰囲気です。

着丈は後ろにむかって徐々に丈が長くなっているので
気になるヒップもカバーしてくれます。

d0193211_15223227.jpg

d0193211_1522513.jpg


全体的にはゆったりとしたリラックス感の雰囲気ですが、
FACTORYならではの着用時のシルエットバランスに拘った一着で
どんなボトムに合わせてもバランス良くまとまります。



定番カジュアルアイテムのトレーナーも、
FACTORYならではさりげないモード感が加わることで
どこかこなれた印象でさらりと格好良く着て頂けるようになっています。



d0193211_15253855.jpg


内側はほんのり起毛感があり、ふんわりと。

ショート丈トレーナーも、モモンガトレーナーも
いずれもアスペロコットンのふっくらと柔らか肌触りが
心地良い一着となっています。

力の抜けたリラックス感のある雰囲気ながらも、
素材に拘りをもった上質なデイリーウェアを是非、お楽しみ下さいませ。




web shop
http://migratory.ocnk.net/product-list/54
   





   
# by shop-migratory | 2017-09-04 15:27 | FACTORY
2017.9.3


d0193211_13364574.jpg



月曜日を定休日とさせて頂いておりますが、
展示会訪問により、休業日の差し替えをさせて頂きます。


つきましては、明日9/4(月)は営業とさせて頂き、
9/6(水)を展示会訪問により終日休業に変更させて頂きます。


・9月4日(月)→ 営業
・9月6日(水)→ 休業



また、他にも、9月・10月は展示会シーズンとなっており、
展示会や取引先訪問により、急な営業時間の変更や臨時休業などを
させて頂く場合があるかもしれません。
(予定が決まり次第、都度お知らせさせて頂きます。)

変則的な営業となり、大変ご迷惑をおかけ致しますが
何卒、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


MIGRATORY




   


    
# by shop-migratory | 2017-09-03 13:37 | news