2017年 10月 14日 ( 1 )

2017.10.14

FACTORYより待望のニット製品が色々と届いております。

栃木の足利に拠点を構えるFACTORYですが、
今年からデザインの拠点はパリへ、
そして約15年の構想を経てモンゴルに新たに設立した自社の紡績工場が稼働し、
例年以上に力の入ったラインナップとなっております。


d0193211_20503960.jpg



キャメルやアルパカ、ヤク等、モンゴルの奥地や南米ペルーのアンデスまで自ら足を運び、
自分たちの目と手で触れ、確かめられた上質な素材によるニットは、
極上の肌触りと暖かさで冬の寒い身体を優しく包み込んでくれます。

それでいて「このクオリティでこの価格でいいの?」と、
思わず心配になってしまう、FACTORY価格が今シーズンも健在です。


FACTORYでは、「品質の良いものを、手に取りやすい適正価格で」と考えて、
ひとつのブランドとしては中々やらないようなことも自分たちでされていて、
常に労力は惜しまずフル稼働。

更に、上質な素材をより少しでも良心的な価格で生産、管理するために
ついには広大なモンゴル大地に自社の紡績工場まで作ってしまったのには本当に驚きです。


今シーズンのニット、本当にお勧めしたいものばかりの
素晴らしいラインナップとなっておりますので
是非、冬のワードローブに如何でしょうか。


※オンラインショップへは、順次掲載していく予定ですが
 カラーによっては既に在庫が少なくなっているアイテムもございますので
 色々と気になる方は、是非、ご来店頂けますと幸いです。



 

d0193211_2163789.jpg



2017年はFACTORYにとって新たな節目となる年にもなり、
新しく掲げられたブランドコンセプトも本当に素晴らしいです。


“ FACT IS OUR STORY ”

私たちが手がけるものは 良いと信じているものではなく 良いと判断したもの。

かすかな手がかりを頼りに現地に分け入り、暮らしを感じ、そのものに触れる。
そうしてたどり着いた良質な素材を日本に持ち帰り、立体的なパターンに作り上げ
自社の工房で織り・縫い・そして染める。
素材の調達にはじまり、ひとつひとつの過程に目を配り仕立てあげるのが
FACTORYのものづくりです。



元々は1980年代にブティックをスタートし、
そのうち選んできたものだけでは物足りなさを感じ、
本当に納得した良い物を紹介したいと自分達で洋服作りを始め、FACTORYを設立。

こうして小さな家族経営から始まったFACTORYですが、
色々なお話をうかがえば伺うほど、
探究心が強く本当にストイックなものづくりをされていて
それでいていつもユーモアとバイタリティに溢れています。

特にモンゴルの遊牧民たちとの関わり合いや、その珍道中のお話は興味深く
なんだか摩訶不思議で本当にそんなことがあるのかと笑ってしまうほど!
(興味があれば、聞いてみて下さい!)

これからも益々楽しみなブランドです。


   


   



  

by shop-migratory | 2017-10-14 20:53 | FACTORY