2017年 09月 13日 ( 1 )

2017.9.13

FACTORYより、ドッキングワンピースのご紹介です。

春先の展示会で見た時からとても気になっていたワンピースで、
秋が来るのが待ち遠しかった一着です。


d0193211_19374875.jpg



一見、同色のトップスとスカートのセットアップのようにも見えますが、
実は一枚でガボッと着れるゆったりとしたワンピース。

FACTORYが得意とする切り替えパターンの
遊び心が堪能できる一着になっています。


d0193211_19402488.jpg


前身頃は上部がアスペロコットンのふっくらとしたトレーナーに
スカート部分は洗いをかけたシャツのようなコットンの布帛を使用。

後ろ身頃は、全体がアスペロコットンのトレーナー地になっています。

(※フロントのスカート部分のみが布帛素材となっています。)


d0193211_19435491.jpg


ゆったりとラフに着れる楽ちんワンピースですが
その見た目は文句無しの可愛さ。

見る人が一瞬「おや? これどうなってるの?」と思わせてくれる、
パターンテクニックを駆使した一着になっていますので
コーディネートを考えるまでもなく、このワンピース一枚で雰囲気のあるスタイルが完成しますよ。

前と後ろでパターンが大きく変わっているので
特にサイドから見るシルエットは、
その切り替えのバランスが絶妙でとても素敵な印象です。



d0193211_1947385.jpg

フロントのスカート部分の切り替えは、単に繋ぎ合わせているのではなく、
上から覆い被さって重ね着をしているかのように見える作りになっています。



d0193211_1947239.jpg

裾のリブをめくった内側で、細かいギャザーをたっぷりと寄せて
丁寧にしっかりと縫い合わせています。

通常こういった作りは、パターン技術としっかりとした縫製が伴っていないと
ゴワゴワとへんな凹凸が生まれ、それが服の表にも影響を与えてしまうのですが、
FACTORYでは、緻密に立体的に考え抜かれた独自のパターンと、
信頼のおける自社工場の縫製スタッフによって、
すっきりと収まりの綺麗な仕立てになっているのです。


中目黒という土地柄、アパレルの会社や事務所も多く
ファッションの制作に携わるお客様が割と多くいらっしゃるのですが、
何人かお話を伺ってみると、FACTORYの素材の良さとパターン技術に感心され、
更に価格に驚かれる…という事がよくあります。

とにかく見えないところ(服の内側)まで、
作りや収まり、縫製処理のこだわりが半端ないそうで、
トータル的に考えて「私ならこの価格つけられない…」だそうですよ。

「FACTORY価格」とは、よく言ったものですが、
ニ○リ…ならぬ、プロから見てもまさに「お値段以上。」なFACTORYなのです。



d0193211_2063138.jpg

d0193211_207886.jpg

d0193211_2072778.jpg



カラーは、ブラック・ネイビー・カーキグリーンの3色展開です。

ふっくらとしたアスペロコットンがとても心地良く
秋にはこのワンピース一着で快適に過ごせる程良い暖かさがあります。

アスペロコットンの素材については今回省略させて頂きますが、
気になる方は前回の生地をご覧下さいませ。
「アスペロコットン100%トレーナー 」


ゆったりとした身幅とアームホールになっていますので
気候に応じて中にインナーを着て頂いたり、
上からカーディガンやジャケット等を羽織ったりしても良いですね。

是非、ご覧下さいませ。


web shop
http://migratory.ocnk.net/product/3194





 
 
   
by shop-migratory | 2017-09-13 20:17 | FACTORY