雅峰窯よりマグカップが届きました

2017.9.2


d0193211_20493.jpg


雅峰窯より、ぽってりとしたフォルムが愛らしい
マグカップが届いております。

どの方向から見ても真っすぐに伸びる鎬の表情を楽しめ、
手仕事ならではの力強く、躍動感のある美しい陰影のリズムを感じることができます。


d0193211_2044423.jpg


カラーは、白、トルコブルー、イエローの3種類。

特にガラス釉のトルコブルーとイエローは、発色も非常に美しくひと際目を惹きます。

※鉄分のある丹波の土でのガラス釉の制作は、そのまま施すと割れてしまうため
作業行程が通常のものよりも多くなり、とても手間ひまをかけて制作されているのですよ。


d0193211_2054657.jpg


5寸の平丸皿と合わせて、カップ&ソーサーとして
ご使用いただくのも素敵です!

是非、ご覧下さいませ。


さて、お知らせとなりますが、9月5日(火)放送のNHK BS プレミアム「イッピン」にて、
丹波焼きの特集コーナーで雅峰窯がご紹介される予定です。

制作の背景や、丹波焼の歴史を知ることで、
より一層、器への愛着が増すきっかけになると思いますので
お時間ございましたら、こちらも是非ご覧下さいませ。


番組概要
=============================================

イッピン「花ひらく! 彫りと削りの器」

9月5日(火):午後7時30分~ 午後8時00分

神戸のレストランでシェフたちから愛用され、料理を華やかに引き立ててくれると人気の器がある。
日本六古窯の1つ「丹波焼」の窯元が開発した洋食器だ。
皿の中心に料理を盛ると、スポットライトがあたったかのように、自然と目がいくよう設計されている。
実はこれ、丹波焼に継承される伝統技法を、現代の食卓に合わせてアレンジしたもの。
常に使い手のことを考え、新たな器を生み出し続ける丹波焼の魅力に迫ります。


=============================================





   
by shop-migratory | 2017-09-02 20:09