Hiruma Ikumi exhibition “ Bonne soupe ” / 比留間 郁美

2016.3.7

3/18(金)~4/3(日)まで、MIGRATORYの店内奥の一角にて、
陶芸家・比留間郁美さんの展示販売を致します。



d0193211_2113267.jpg


異国の小さな修道院で代々大切に使われている器に心惹かれて
「Bonne soupe」という食器シリーズを作り始めました。
今展では、新色の黒い絵付けでよりシックになった
新しい「Bonne soupe」シリーズの展示販売を行います。


※3月19日(土)14~19時頃まで、作家の比留間郁美さん在店予定。

※作品は展示即売となりますので、ご購入頂いた作品はそのままお持ち帰り頂けます。
 お探しの作品などございます場合は、お早めのご来店をお勧め致します。

※会期中、展示作品の一部をweb shopからもご購入頂けます。




Hiruma Ikumi / 比留間郁美

陶芸家。1982年千葉生まれ。現在、奈良に工房を移し築窯。
奈良県にある小さな工房でひとつひとつ手作りされた器は、それぞれの作品によって変化のある、
クラフトとはまた違った魅力を持っています。
日常の食卓の風景が、旅している時に感じる異国の楽しい食事風景や、
映画の中の食卓のような非日常に変わるように、
ユーモラスでロマンチックな器づくりを目指して新しい技法に挑戦しながら、
釉薬の配合や絵付けの方法など、オリジナルの陶器の制作に日々研究を続けています。
http://www.hirumaikumi.info/


d0193211_18352940.jpg

d0193211_18361976.jpg

d0193211_18363956.jpg

d0193211_18365552.jpg
これまでの作品より抜粋


西洋アンティークのような佇まいで、
美しくもどこかシュールさが漂う世界観が魅力的な比留間さんの作品たち…

独特のその世界観はスタイリストさんからの支持も厚く、
食卓だけではなく、インテリアとして飾ってみても存在感があり、とても素敵です。

今回の展示では、「Bonne soupe」シリーズの新色として
ブラックの絵付けで制作をして頂き、よりシックな雰囲気になって登場です。

是非、素敵な器の数々をご覧頂けますと幸いです。



折しも会期中は桜のシーズン!

現段階での東京の開花予想は、
3/23が開花予想日、3/31が満開予想日となっておりますので
是非、目黒川の桜も併せてお楽しみ頂ければと思います!

皆様のご来店、心よりお待ちしております。


※会期と併せて、展示作品の一部をweb shopにも掲載予定です。
(どこまで掲載できるか分かりませんが、出来る限り頑張ります!)

期間中のご来店が難しい方や、ご遠方の方など、
宜しければ、是非、ご覧下さいませ。




    
by shop-migratory | 2016-03-08 18:12 | news