tamaki niime 秋冬展 2013.11.23-12.15 / 玉木新雌

2013.11.8

11/23(土)~12/15(日)まで、ギャラリースペースにて
玉木新雌さんによる播州織ブランド「tamaki niime」の
秋冬物を中心としたアイテムの展示販売会を開催いたします。

d0193211_18175125.jpg
tamaki niime 秋冬展
2013.11.23(sat)-12.15(sun)
12:00-20:00

※会期中は無休で営業しております。
※クレジットカード不可


d0193211_17461547.jpg

ヴィンテージの織機を使い、播州織の新たな可能性に
挑戦するブランド「tamaki niime」の秋冬物の展示販売会を開催致します。

ウール素材のルーツショールを中心に、
色彩豊かなニットやバッグ、新作のウール素材のタルンパンツやワイドパンツ等、
tamaki niimeの様々なアイテムをその場でご覧・ご購入頂けます。

ふんわりと軽い肌触りの良さに加えて、先染めの糸の色の美しさとその配色のセンスは、
年齢や性別を選ばない、身に纏う人がそれぞれの感覚で楽しめる自由なショールたち…

少量生産にこだわり、デザイン・配色ともにほぼ同じものはない
一点ものとなりますので、是非、この機会にご自分だけのお気に入りをお探しくださいませ。


◆tamaki niime / 玉木新雌
播州織の新たな可能性に挑戦するデザイナー、玉木新雌。
出身地である福井県から産地の兵庫県西脇市に移り住み、
大きなヴィンテージのベルト式力織機を使い
自由な感性で他にはないオリジナルの播州織を提案していきます。



◆玉木新雌の作品について
1960~80年代に西脇市で使用されていたヴィンテージの織機を使い、
新しい解釈による播州織を提案・制作しています。
その風合いは手織りと機械織りの中間のような味わい深いタッチが特徴です。
素材は綿を中心に秋冬物にはウールやカシミアなども取り入れています。
人にそれぞれ個性があるように、作品にもそれぞれの個性があったほうがいい。
そのため少量生産にこだわり、また玉木自身が織り上げる一点ものも制作しています。
まるで一枚の絵画のように、作品の中に「間」が感じられる、
そんなデザインを心がけています。


========================================


d0193211_17412014.jpg


今年の5月から6月にかけて開催し、
大盛況のうちに終了したtamaki niime展が
再び、秋冬仕様となってミグラトリーにやってきます。

色とりどりのショールやパンツ等、様々なtamaki niimeのアイテムを
一堂にご覧いただける機会となっております。

ミグラトリーでは常時、tamaki niimeの商品をお取り扱いしていますが、
展示会では、沢山並ぶ商品の中から、お好きなものをお選び頂けますので
この機会に、是非、足をお運び下さいませ!

人気のワイドパンツ、タルンパンツからは、新作のウール素材のパンツも並ぶ予定です。

ふんわりとモコモコとした素材感が、コットン素材とはまた違った魅力に溢れる
パンツに仕上がっていますので、是非、ご覧下さいませ。
(もちろんご試着も頂けます。)


会期は11/23(土)~12/15(日)までです。

tamaki niimeの商品は、いずでもほぼ一点物の商品となっており、
全て展示即売となります。
数ある中からお選び頂きたい方は、お早めのご来場をお勧め致します。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。


===========================================


開催と併せて、展開アイテムの一部(ショールやパンツ等)を期間限定商品として
web shopからもご覧・ご購入頂くことが出来ます。

宜しければ是非、ご覧下さいませ。

web shop : tamaki niime カテゴリー
http://migratory.ocnk.net/product-list/43