玉木新雌 / tamaki niime ・【後編】玉木新雌さんのアトリエへ

2013.3.22

先日ご紹介したtamaki niime…

d0193211_21593180.jpg


今回、お取り扱いさせて頂くにあたり、玉木新雌さんの工房兼ショップがある
兵庫県西脇市に先日行って来ました。

d0193211_21552387.jpg


広い敷地に白い大きな扉が印象的なアトリエは、広々とした開放的な雰囲気で、
こちらで日々、ショールをはじめとする様々なtamaki niimeのアイテムを生み出しています。

工房の中を見学させて頂きながら、簡単に織機の説明をしていただきました。


d0193211_221592.jpg

1965年代製のベルト式力織機が一日に織り上げられるショールは10枚ほど…

d0193211_220393.jpg

古い織り機の為、手作業で織柄を設定し、
糸が切れたら中断して結び、作業はつきっきり。
手織りのような手間と時間をかけ、ゆるやかに、じっくりと織り上げていきます。

d0193211_2139116.jpg


糸を先に染めてから織る「先染め」が播州織の特色。
工房には色とりどりの糸が壁一面に陳列しています。

作りたい色を職人さんに頼んで染色し、そこからつくりだされるショールは無限大。

絵の具を混ぜるように三本の糸を一本に撚って、
ここから手間ひまかけて奥行きのあるショールが生まれるのです。

d0193211_21562820.jpg

こちらは、1983年製のレピア織機。
効率化され、パターン、糸の色など機械に情報を取り込み、
自動で織れるしくみになっています。

d0193211_21412728.jpg

d0193211_21421797.jpg


織り上がった織り地は断裁して、一枚一枚縫製し、洗って天日に干します。

太陽の光を浴びると、空気を含んでふっくら、優しい柔らかさに…
気兼ねなく日々使え、洗っても風合いを損なわず、ずっと気持ちよく使えます。


d0193211_2154646.jpg


工房の隣には、ショップも併設され、工房で作った製品をそのまま見る事ができ、
その場でご購入もいただけるようになっています。

綺麗な色で溢れる、まさに色とりどりのストールたち…

これだけ沢山あると目移りしてしまいますが、どれもそれぞれの個性を持ち、
ここで生み出されるショールは無限大なのだな…と感じさせてくれます。


d0193211_21465330.jpg


弾丸出張ではありましたが、訪れた日は天気も良く、
山や緑をすぐそばに感じられる西脇の地は、
とても気持ちの良い場所でした。

何より「現場の空気感」を素直に感じることができ、
伝える側として貴重な時間を過ごす事ができたと感じております。

お忙しい中訪問させていただいたにも関わらず、色々と丁寧にご説明をして下さり
玉木さんをはじめ、プレスの酒井さん、スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。


d0193211_21521031.jpg


ふんわりと空気を含んだ、極上の肌触りのtamaki niimeのストール…
是非、店頭にてじっくりとご覧下さいませ。